-- SWBC --  STRONG LEAGUE WORLD BASEBALL CHALLENGE official web site  

[TOP] 全国軟式野球 ストロングリーグ 草野球大会

エスエスケイデイリースポーツナガセケンコーアット・ゼロフォー手塚一志の上達屋道場ビ・アスリート

 ストロングリーグ公式フェイスブックページ  ストロングリーグ公式チャンネル YouTubeパートナー動画   URBAN STYLE BASEBALL様  フランク三浦オンラインショップ様グラブ・捕手用具シュミレーションオーダー ベルガードファクトリージャパン   ストロングスポーツ オンラインストア

 

STRONGLEAGUE World Baseball Challenge

 

SWBCとは <STRONGLEAGUE WORLD BASEBALL CHALLENGE>

 

SWBC JAPAN 軟式野球日本代表日本の軟式野球文化を世界へ!2008年、SWBCが誕生

歴史の扉を開いた第1回WORLD BASEBALL CHALLENGE (2008.11東京都八王子市)戦後、日本に根付いた野球。競技人口は世界最多の400万人といわれています。
この世界最多の競技人口を誇る"日本野球"は安全で、生涯スポーツとして楽しめる日本生まれの競技「軟式野球」があるからと言われております。

この素晴らしい日本生まれのスポーツを文化として世界に発信し、国際交流を深めることがSWBCの目的です。

私たちは2008年、全国軟式野球ストロングリーグ(本部:東京都町田市/会長 高橋優)は、2008年11月8日(土)、9日(日)の2日間、上柚木球場(東京都八王子市)にて、株式会社SSK(大阪市大阪府/代表:代表取締役社長 佐々木恭一)の特別協賛を受け、「SSK presentsストロングリーグ・ワールドベースボールチャレンジ2008 supported by ベルガード」(以降:SWBC)を開催いたしました。

大会では大差で日本代表が勝利を飾りましたが、課題を残すものでもありました。海外への軟式野球文化は浸透しておらず、はじめてみる”軟式野球ボール”にとまどいをみせる外国人チームも少なくなかったためです。
以来、韓国チームのの招待にはじまり、2度目の台湾チーム招集、さらに在日外国籍の方々の協力を経て、U.S.A、キューバ国籍チームとの国際試合を展開して参りました。
 

  2008年の第1回大会以降、国内外の代表チームと数々の交流試合を重ねてきたSWBCJAPAN

速報【SWBCJAPAN】9.27ドカスタ SWBCJAPAN 12-0 SWBC TAIWAN 勝利を飾る!

SWBC2015 SWBCJAPAN-SWBCU.S.A 2015.8.29

VS 台湾チーム

VS ストロングリーグ選抜 VS U.S.A


SWBC JAPAN 軟式野球日本代表あれから9年.. 進んだ軟式の普及

2008年当時、世界レベルでは軟式野球普及がまったく進んでいないとされていましたが、9年の歳月を経て、世界の軟式野球事情は変化しつうあります。少しずつ普及は進んでいき、現在では台湾高校軟式野球加盟校が92校にのぼり、昨年は記念すべき第1回全国高校軟式野球大会がおこなわれるなど各国で確実に普及が進んで参りました。

このことは、軟式野球が世界のスタンダードへと少しずつではありますが確実に歩みつつあることを示しており、私たちSWBCJAPANのこれまでの取り組みが意味のあるものだったことになります。

とはいえ、
私たちは、日本の一般軟式野球チームが参加することのこできる海外でオフィシャルな軟式野球国際大会が開かれる日がくることを想像していませんでした。


SWBC JAPAN 軟式野球日本代表2016年 海外での軟式野球国際大会開催の実現|韓国・梁山市、蔚山市

「2016 梁山蔚山 第1回U-18 国際軟式野球選手権大会」の開催

2016年、韓国・梁山市、蔚山市にて、2016 梁山蔚山 第1回U-18 国際軟式野球選手権大会が開催されます(主催:韓国梁山市政府、梁山市教育支援庁(日:梁山市教育委員会、共催:梁山市野球協会)。
18歳以下の若い世代を対象とする国際大会であることは、軟式野球の国際化を意味しています。

参加国は韓国、台湾、中国、シンガポール、香港、日本の6チーム。SWBCJAPANは、軟式野球発祥の地である日本を代表し、1990年1月1日生まれ以降の若い競技者でメンバーを構成し参戦いたします。
 
 

大会名 2016 梁山蔚山 第1回U-18 国際軟式野球選手権大会
主 催 韓国梁山市政府、梁山市教育支援庁
共 催 梁山市野球協会
開催地 韓国・梁山市、蔚山市
参加国 韓国、台湾、中国、シンガポール、香港、日本ら予定
対 象 18歳以下。日本代表は1990.1.1以降生まれの競技者
日 程 2016年8月4日〜8月5日
会 場 8.4 予選グループ A 蔚山文殊野球場(人工芝) 
    8.4 予選グループ B 釜山大学校第3野球場(人工芝)
    8.5 5位決定戦、準決・決勝  蔚山文殊野球場(人工芝)
表 彰 優勝・準優勝・3位(2チーム)、最優秀選手賞、首位打者賞、最多打点賞
    最多本塁打賞.、最優秀防御率賞、勝率第1位投手賞、最多盗塁者賞、最優秀監督賞予定
その他 ※グループ組み合わせは6月下旬より決定、発表
    ※激しい雨天、グラウンド不良の際は開催中止となることがある
    ※今大会の参加各国は自己負担で参加する
    ※釜山大学校第3野球場は釜山市ではなく梁山市に位置する
    ※参加各国の登録人数は選手18人、首脳陣6名までとする。
    ※日本代表については1990.1.1以降生まれの競技者が出場資格を有し、SWBCJAPANにて構成する。
 

2016年大会:韓国・梁山蔚山大会を4戦全勝で優勝した日本代表(SWBCJAPAN)

 

2017国際大会について
 

初の海外遠征となった韓国での第1回国際大会 SWBCJAPAN U25が日本代表として参戦したIRBO国際軟式野球会議に日本、韓国、中国、チャイニーズタイペイ、シンガポールから代表者が集結し、2017年の国際選手権の東京招致に関するプレゼンをおこない、各国が合意しました。

大会は2017年の8月頃に東京都周辺で開催予定で、第2回を迎えるU-18部門は、既に成人軟式野球が 発展している日本代表は23〜25歳以下のメンバー構成で参戦予定。

併せて生涯スポーツとしての軟式野球協議の重要性を掲げ、年齢制限のないフル代表による国際大会の提案もおこないました。

なおプレゼンでは、これまでなかったインターネットを利用したライブ中継や、ブラスバンドを招いてのセレモニーの開催など日本ならではの開催案が掲げられました。今後各国で協議し詳細がまとまって参ります。
 
日本の軟式野球を世界へ!2017年は国際大会2つを東京開催!
〔U18〕7.29-30 〔一般〕8.5-6 皆様のチャレンジを心よりお待ちしております!

2017国際大会  日本代表はSWBC JAPAN!(U-18/FULL)

7,8月の国際大会はU-18(日本は23歳以下のメンバーで参戦予定)とフル代表の2大会を東京開催予定で 、SWBCJAPANがAチームを主体に全体から選ばれしメンバーで日本代表を編成し参戦します。
U-18は世代別の新たなチーム編成が必要となるためBから補強となる場合があります。
なお、東京開催を記念しアカデミークラスも国際大会において各国選抜メンバーと対戦をおこなうなど出場を企画しています。

国際大会直前の6-7月は各代表チームメンバーだけで4回前後活動がおこなわれます。国際大会については登録料1万円程度を要する場合があります(活動費込)。大会の約2ヶ月前からA/B/アカデミーとは別に精力的に活動します。A/B/アカデミーと活動が重なりいずれかに参加できない、という事態は発生しません。

 
 


トライアウト申し込みは「部室」 から

 

 

個人の方は、SWBC実行委員会まで

 

STRONG LEAGUE    注意事項  プライバシーポリシー

 


Copyright(C) StrongLeague All light reserved.