全国草野球交流試合 第22回「ピースファイル」結果

 

 

PEACE FILE

  

 

 
 ●

第22回大会

 
 

第22回ピースファイル 3/16(日)08開幕記念試合スペシャル  横浜スタジアム

「ジャパンカップ'08」加盟大会

第22回ピースファイル 浜スタ

リーグ戦

「NavyFox」「レッドスパイダー」「チューリッヒ」「横浜ハンターズ」が勝ち上がり

SS2008出場決定戦は「チューリッヒVSNavyFox」「浜ハ ンVSレッドスパイダー

れ男とは彼らのことか。08開幕記念スペシャ ル。晴天の横浜スタジアムで熱戦が繰り広げられ、 己の持ち味を最大限に発揮した4チームが勝利した。NavyFox(SC1部)、レッドスパイダー(SC1部)、チューリッヒ・ダイレクト(SC2部)、横浜ハンターズ(SC2部)の4球団。この日、勝利した各チームは再抽選の上、5月末までに進出決定戦を おこない、勝者2チームが、SS2008関東本大会へ進出する。 抽選の上、組み合わせはチューリッヒ・ダイレクVSNavyFox横浜ハンターズVSレッドスパイダーに決定した。

NavyFox(東京都板橋区)一試合では、NavyFoxRoyalsから大量得点を奪って勝利。初回は両軍チャンスを作るも一本が出ず無得点スタート。試合が動いたのは2回NavyFoxの攻撃。無死満塁のチャンスから1番伊藤選手がエンドランを決め2点、更に5番中山選手のフェンス直撃特大二塁打などで得点を重ねこの回5点。3回にも四球を絡め4点を追加する。投げては先発:石津投手、若松投手と継投し、7回に1点に抑え、NavyFoxが9-1で勝利した。

レッドスパイダー(蕨市)二試合は、レッドスパイダーAJPBCとの大激戦を制した。レッドスパイダーは初回、二死から3四球から6番平沼選手の走者一掃のライト線安打でレッドスパイダー3点先制。2回裏にエンドランなどを絡めAJPBCが一気に同点に追いつく展開。その後両チーム走者を出すものの一本が出ずに終盤へ!5回に2死から2番西澤選手が右安打で出塁し続く3番、4番と四死球で満塁に!5番山本選手がAJPBC2番手中里投手の直球を左中間真っ二つの3塁打を放ち再逆転に成功!5回裏の攻撃をレッドスパイダー3番手佐藤投手が強力打線を辛くも抑え6-3で勝利。

チューリッヒ・ダイレクト(東京都調布市)三試合は、チューリッヒ・ダイレクトが初出場の爆笑鶴光に最終回劇的サヨナラ勝ち。爆笑鶴光、古沼投手、チューリッヒ・ダイレクト、新妻投手の両先発で始まったこの試合、爆笑鶴光が序盤から得点を重ね4-0とリードを奪うが、劇的ドラマ。その裏、1点差まで詰め寄ったチューリッヒ・ダイレクトはなおも最終回、代わった西岡投手に対し、先頭の谷野選手、加藤選手が四球を選び無死二三塁。3番宮(兄)選手が放った打球は一塁ゴロ。一瞬の隙をついて谷野選手に続き、二塁走者加藤選手も生還しチューリッヒ・ダイレクトが劇的な逆転サヨナラ劇。無安打ながら5得点を挙げたチューリッヒ・ダイレクトが4-5×で勝利。

横浜ハンターズ(神奈川県横浜市)四試合ナイトゲームは、横浜ハンターズが打線爆発でTokyo Blitz baseball clubに勝利した。横浜ハンターズは初回、無死満塁から笠原佑選手のタイムーリーで先制、そして連打と四球を絡め6−0。その後、2回2点、3回5点、4回6点と追加し、投げては笠原佑選手と川島功選手のリレーでTokyo Blitz baseball clubの反撃を1点に抑え横浜ハンターズが19-1で勝利。

 
 
 
草野球の殿堂 -月間高橋- 全国軟式野球ランキング 草野球募集情報

部室機能利用OK〜☆STRONG Mobile

 
 

 

 
プロスタ戦史

 

ストロングリーグはこれまでプロスタ80試合以上を開催しています

次回プロスタ希望&大会への出場申し込みは「部室」 から

 

 

  チームIDを持っていない場合まず「チ-ム登録(無料)

 


個人の方登録や大会に関するお問い合わせ: ストロングリーグ本部事務局


ピースファイルへ戻る STRONG LEAGUEへ戻る

 


Copyright(C) StrongLeague All light reserved.