全国草野球交流試合 第17回「ピースファイル」結果

 

 

PEACE FILE

  

 

 
 ●

第17回大会

 
 
2006/ 8/ 13 (日) IN 大阪ドーム
 
 

 
3度目の正直...     「アド毎広」(大阪府寝屋川市)が初優勝   投打で圧巻の内容
 


3度目の挑戦「アド毎広」初優勝 ――

悲願の初優勝「アド毎広」(大阪府寝屋川市)ド毎広(大阪府寝屋川市)が 、満を持して初優勝を果たした。 歓喜のガッツポーズ、体力の限界を忘れ笑顔の胴上げ。大いに、喜んだ。昨年の夏以来、実に3度目の挑戦だった。毎度、優勝候補に推されながら、これまで2度のBEST4に留まっていた 。しかしこの日ばかりは、圧巻の投打で頂点に立った。この猛暑に関わらず、この日、早朝に1試合こなしてのドーム入り 。怒涛の4試合を自ら「野球祭り」と称したナインが、甲子園球児に負けじと燃えた。投手8枚を抱えるアド毎広。打っては、長距離砲が揃い 、まるで「西のRED HILL」。今大会、河内タイガ−スとの初戦が、最も苦しめられた。エース松永投手を登板させたが、最終回、土壇場で追い詰められ、ゲームはがっぷり四つの大相撲となる。しかし4-3辛くも初戦を突破したことで、アド毎広が波に乗った。続く2試合目は福井県から大遠征の萬蔵(福井県)と対戦。県代表チームとして東日本大会にも出場する歴史あるチームとの対戦となったが、ここで打線大爆発。11-0快勝を収めた。決勝戦は、かつて京セラドームのレフトポールを遥かに越える大飛球を打ち上げたスラッガー:西岡選手が力投。剛速球が並外れている。SAIBABA打線を寄せ付けず、最後は、抑えの切り札である田中主将が締め、逃げ切り勝ち。アド毎広が、歓喜の初優勝を果たした。「本当にありがとうございました。また、こういう舞台で野球ができるよう頑張って参りましょう。」松永監督は、この日参加したすべてのチームと、東西のストロングリーガーへ感謝を込めた。

優勝は、鳥取県から駆けつけたSAIBABA。竹下投手を中心とした守りのチーム。ダブルデッカーズに終始リードを許しながら最終回一挙5点を奪い大逆転勝ち。2試合目のB.VIPERS戦でも竹下投手が力投。打線が繋がり、SAIBABAが快勝した。決勝戦、アド毎広に敗れはしたが、SAIBABAの名を痛烈にアピールし再会を誓った。

った者も、敗れた者も、各チームの個性と、チームワークが輝く今大会であった。福井県から大型バスで大遠征の萬蔵。SC決勝T進出を決めたところで、選手たちに野球を楽しませる機会を設けた東元監督のダブルデッカーズ。チームの復活記念にエントリー、蓋を開ければ以前と遜色ない名勝負を展開し家族を喜ばせたB.VIPERS。そして、3度目の挑戦となった河内タイガ−スは、今大会、優勝のアド毎広を最も苦しめ、これが一喝する形で決勝戦へ送り出すことになった。常に対戦相手チームへの配慮も忘れず、以前対戦した関東代表チームとの交流は今も続いている。河内タイガ−スは次回大会の脅威となる。

>> 詳しい試合内容とコメントはこちら <<

  

▼ 対戦結果 ▼
8/13 (日) 京セラドーム大阪 (大阪府大阪市)
月 日 時間 内 容 一塁側   三塁側

会 場

8/13() 8:00〜


1回戦(1) SAIBABA VS ダブルデッカーズ 京セラドーム大阪
9:55〜 1回戦(2) B.VIPERS VS ダブルデッカーズ 京セラドーム大阪
11:50〜 1回戦(3) B.VIPERS VS SAIBABA 京セラドーム大阪
13:45〜


1回戦(4) 河内タイガ−ス VS 萬蔵 京セラドーム大阪
15:40〜 1回戦(5) 河内タイガ−ス VS アド毎広 京セラドーム大阪
17:35〜 1回戦(6) 萬蔵 VS アド毎広 京セラドーム大阪
19:30〜     決 勝(7) A B準決勝 勝者同士 京セラドーム大阪

巴戦は、勝ち=+3、引き分け=+1、負け=+0の勝ち点制。3チームとも、1勝1敗など、2チームもしくは3チームの勝ち点が並んだ場合は得失点差合計1位チームが決勝進出。得失点差同点の場合、失点の少ないチーム。それでも同点の場合は、代表者1名によるじゃんけんで決勝進出チームを決する。

 
▼ 参加チームコメント ▼
 
SAIBABA 小沢徹夫 監督
  鳥取から参戦のSAIBABAです。晴れの大舞台『大阪ドーム』でSAIBABA旋風を巻き起こし、現役時代の良い思い出になる様、全力プレーで勝ち上がっていきます!!日々の練習の成果を発揮し優勝目指して頑張ります!!
ダブルデッカーズ 東元伸一  監督
  どこまでやれるか分かりませんが、久しぶりの大阪ドームを満喫します。宜しくお願いします。
B.VIPERS  萩原剛史 副将
  B.VIPERSの復活を大阪ドームで派手?に祝います!
河内タイガ−ス 比嘉英康  コーチ
  ド−ムと言うすばらしい環境での試合を楽しみたいと思います。
萬蔵 青山昌幸 GM
  福井の田舎から都会のチームに胸を借りに出てまいりました。少しでも長くドームに居られるよう頑張ります。宜しくお願い致します。
アド毎広 田中商人 主将
  今度こそ初優勝を!
 
 
 
草野球の殿堂 -月間高橋- 全国軟式野球ランキング 草野球募集情報

部室機能利用OK〜☆STRONG Mobile

 
 

 

 
プロスタ戦史

 

ストロングリーグはこれまでプロスタ80試合以上を開催しています

次回プロスタ希望&大会への出場申し込みは「部室」 から

 

 

  チームIDを持っていない場合まず「チ-ム登録(無料)

 


個人の方登録や大会に関するお問い合わせ: ストロングリーグ本部事務局


ピースファイルへ戻る STRONG LEAGUEへ戻る

 


Copyright(C) StrongLeague All light reserved.