全国草野球交流試合 第15回「ピースファイル」結果

 

 

PEACE FILE

  

 

 
 ●

第15回大会(SS2006〔関東〕最終予選会兼)

 
 
6/ 17 (土) IN 滝が原野球場(7面)
 
6/17(土) 「四番勝負」!!
ストロングリーグ 5周年記念企画!!
舞台は、「SS」や「ジャパンカップ」〔関東〕のメーン会場でもある、あの『滝が原野球場』。6チームが激突した。
第1試合は
相模KOT’Sが打撃戦を制し、第2、第3試合はなんとスナイパーズが大暴れの2連勝。
   
▼ 対戦カード ▼
6/17(土) 滝が原野球場(東京都八王子市)
滝が原野球場 一塁側   三塁側
第1試合 10:45〜 ORTHODOX VS 相模KOT’S
第2試合 12:45〜 ジャパンシステム竃球部 VS スナイパーズ
第3試合 14:45〜 横浜ハンターズ VS スナイパーズ
↑ 現在の募集状況に応じて更新されます ↑第2、第4試合のチーム様募集!先着順!
 
▼ 参加チームコメント ▼
 
ORTHODOX: 佐藤 篤史  主 将
  全国ランキング1位を獲りにいくために出来るだけ公式戦を消化しようと思い両大会にエントリーする決意をしました。
相模KOT’S: 吉田 正人  広 報
  今年もピースファイル楽しみにしています。宜しくお願いします。
ジャパンシステム竃球部: 田島 享  主 将
  昨年からの長いトンネルを抜けきれないでいます。若い力も入ってきているので、試合、試合でこの状況を打開したいと思います。よろしくお願いします。
スナイパーズ: 多々井 靖之  渉 外
  初めての参戦です。高レベルで色々と勉強したいと意気込んで参戦させていただきました。よろしくお願いいたします。
横浜ハンターズ: 笠原佑一  主 将
  楽しく且つ魅せる野球で勝利を目指します!!ピースファイルでは様々な地区のチームの方々との交流も含め、自分たちの経験値となるようにプレーしたいと思います!
 
   
▼対戦結果▼

 

第1試合 8:30-10:15 ORTHODOX 4 - 12 相模KOT’S
「ORTHODOX」(神奈川県横浜市) 「相模KOT'S」(神奈川県相模原市)

ORTHODOX:佐藤投手、相模KOT'S:森田投手の先発で試合開始。1回表、相模KOT'Sの攻撃は2死満塁のチャンスを作るが、佐藤投手踏ん張り無得点。しかし相模KOT'Sは2回表に犠牲フライで1点を先制すると、再び2死満塁のチャンスを作るり、4番安瀬選手のレフト線を破る走者一掃スリーベースヒットで3点を追加。3回表にも吉田(正)選手の3塁打で出塁すると、内野ゴロの間に1点追加。4回表にも3,4番の連続安打と犠牲フライで1点。しかし、4回裏ORTHODOXは四球で出したランナーを一人置き、佐藤投手がセンターオーバーのホームランで2点を返す。5回表に相模KOT'Sはすぐさま中村選手のツーベースで2点を取り返す。粘るORTHODOXも6回裏に矢野選手のスリーベースと内野ゴロエラーで1点を返す。相模KOT'Sの最終回の攻撃は1死満塁とし、3番吉田(直)選手の走者一掃スリーベースと4番安瀬選手の犠牲フライでダメ押しの4点。7回裏のORTHODOXの講義キを1点で凌ぎ、12-4で相模KOT'Sが打撃戦を制した。

第2試合 10:30-12:15 ジャパンシステム竃球部 2 - 7 スナイパーズ
「ジャパンシステム(株)野球部」(東京都豊島区) 「スナイパーズ」(東京都練馬区)

ジャパンシステム竃球部河原投手、スナイパーズ仲宗根投手の先発マウンド。試合が動いたのは3回表、スナイパーズの攻撃。この回先頭の岩波選手の四球を皮切りに3本の安打と死四球で3点を先制。さらに2死満塁から小山選手の右中間への走者一層タイムリー二塁打で加点をして自らも本塁を踏み、この回合計7点。ジャパンシステム竃球部は5回裏、2つの四球でチャンスを作ると木津選手の内野ゴロの間に1点を返す。続く最終回の6回裏には安打で出塁した石川選手を二塁へ進め、竹内選手の内野ゴロの間に一挙に生還する好走塁を見せて1点を奪うも反撃はここまで。7-2でスナイパーズの勝利。

第3試合 12:30-14:15 横浜ハンターズ 7 - 9 スナイパーズ
「横浜ハンターズ」(神奈川県横浜市) 「スナイパーズ」(東京都練馬区)

横浜ハンターズ尻枝投手、スナイパーズ増田投手の先発マウンド。スナイパーズは初回竹原選手などの3本の安打で3点を先制する。続く2回にも四球と安打でチャンスを作ると堀内選手の右中間を深々と破るタイムリー三塁打などで4点を奪い、序盤で7点の大量リード。横浜ハンバーズは3回裏の攻撃、走者をひとり置いて笠原(佑)選手の左翼オーバーの本塁打で2点を返す。その後両チーム得点を積み重ね、9対5で迎えた7回裏の横浜ハンターズの攻撃。先頭の増子選手の二塁打でこの回から登板のスナイパーズ2番手堀内投手を攻め立てて1点を返してなおも一死満塁。ここでスナイパーズは3番手として仲宗根投手を緊急登板させてニ死とするも横浜ハンターズは内野安打でさらに1点を返して2点差と詰め寄る。長打がでれば逆転という状況のなかマウンド上で冷静だった仲宗根投手は最後の打者を三振に打ち取りゲームセット。9-7でスナイパーズが熱戦を制す。

>> 詳しい試合内容とコメントはこちら <<

 
 
 
草野球の殿堂 -月間高橋- 全国軟式野球ランキング 草野球募集情報

部室機能利用OK〜☆STRONG Mobile

 
 

 

 
プロスタ戦史

 

ストロングリーグはこれまでプロスタ80試合以上を開催しています

次回プロスタ希望&大会への出場申し込みは「部室」 から

 

 

  チームIDを持っていない場合まず「チ-ム登録(無料)

 


個人の方登録や大会に関するお問い合わせ: ストロングリーグ本部事務局


ピースファイルへ戻る STRONG LEAGUEへ戻る

 


Copyright(C) StrongLeague All light reserved.