全国草野球交流試合 第2回「ピースファイル」結果

 

 

PEACE FILE

  

 

 
 ●

第2回 / 開催結果

 
 
2002/ 5/19(日) IN 大宮健保G

↑ネクストBサークルで戦況を見つめるイクターボ岩沢選手
≪ 御  礼 ≫
第2回目の開催は東京、神奈川、埼玉、茨城。関東を代表する 注目チームが大宮健保に出揃う形となりました。それぞれの白球魂を抱え、各々のプレイスタイルがいかんなく発揮されました。参戦全チームに充実を持ち返って頂けたかと思います。今回、究極の四番勝負と出会い、関東地区の高い軟式野球レベルを改めて感じました。双方にとって非常に意味の有る「交流戦」だっとことと思います。そしてまた球界の距離が一歩縮まったかと思います。今回ご協力頂いた各チーム代表者 の皆様、計100人を超した選手の皆様方、当日駆けつけ戦況を見守って頂いた軟式野球ファンの皆様方に感謝致します。今後とも「実の有る開催」に徹し首都圏軟式野球界更なる交流の 発展を目指します。アマチュア軟式球界の究極を誓うべく「Peace-File」は首都圏を駆け巡ります。交流戦こそが、野球発展の第一歩。軟式野球人の皆様、今後とも宜しくお願い申上げます。 

出場チーム
  チーム名 所 属 主な実績
St代表 イクターボ SC京浜 '01 STRONG CUP優勝
練馬アドベンチャーズ SC埼京  
TGLEPS SC京浜 '01 SS準優勝
SENTAKKI'S SC京浜 '01 STRONG CUP 3位
招待チーム 淵野辺オリオンズクラブ 相模原市A級 '00 相模原市A級優勝
桜ヶ丘歯科センター つくば市1部 '01 つくば市1部優勝
サボテン 品川区2部 '01 品川区民大会3位
シュナーベルズ 東京審判協会杯 '00 山崎製パン杯優勝

出場チーム代表者コメント(Peace-File出場にあたって)

St会長/高橋

強い相手と思いきりぶつかりたい!全力で真剣勝負がしたい!四番勝負は決して「大会」ではなく、技術向上を含め球界交流の発展を主旨とし、地域の壁を越えた『交流戦』として開催しています。皆様が開催主旨 をご理解頂き、熱く参戦頂けることに感謝しています。「四番勝負、俺達にとって本当にいい機会だった。。」と、2002年の各チーム様の活動エネルゲンを得て欲しいものです。究極の一戦を終え、各チームが情熱を持ち返り、結果それぞれの2002年の活動の後押しになれば幸いです。5月19日(日)、大宮健保Gに8チームの全力エナジーが充満します。最高の野球ガッツを、感じ合いましょう。

SC

イクターボ/土屋代表 我がイクターボは今年はいまいち調子に乗り切れません。しかし、これは調子ではなくチーム力が落ちたのでは・・・と不安になっています。しかしそんなのんきなことは言ってられません。昨年度覇者として「なんだ、Stはたいしたことないな」と言わせない為にもがむしゃらに行きます。
練馬アドベンチャーズ/齋藤監督 対戦するからには、全力を尽くしたいです。未知なる強豪との対戦楽しみにしています。
TGLEPS/日高主将 今回もまた招待チーム様から勉強させて頂きます。St代表として、精一杯頑張ります。
SENTAKKI'S/鈴木主将 反之内に並び軟式球界の極上菊桜を目指すエース菊地投手に期待してください。宜しくお願いします。

招待

淵野辺オリオンズ/橘球団代表 今回、この様な大会に、お招き頂き誠に有難う御座います。胸を借りるつもりで、全員全力野球で、ぶつかって行きますので、宜しくお願い致します。
桜ヶ丘歯科センター/籔田監督 首都圏のトップレベルチーム相手にどれだけうちの野球が通用するか胸を借りるつもりでがんばります。
サボテン/岩田代表
強豪チームが集まる大会に参加させていただく事に感謝致します。招待チームとして恥ずかしくないような試合ができるよう頑張りますので宜しくお願いします。
シュナーベルズ/稲葉オ-ガナイザ- このたびは、全国レベルの桜ヶ丘歯科センターさんやイクターボさん含めた素晴らしいチームが参加される中、シュナーベルズを推薦して頂き恐縮です。軟式野球界における既成概念を超越したこの四番勝負に出場させて頂くからには万難を排し当日是非とも魂の入った野球をやりたいと思います。また高橋幹事が発するムーブメントの一端を担えるよう微力ながら頑張りたいと思います。

試合結果
試 合 時 間 スコア
第一試合/ 9:00-11:00 イクターボ 淵野辺オリオンズクラブ
相模原市1部王者対川崎市1部王者による注目の神奈川県対決。戦前の予想通り序盤からハイピッチな投手戦。イクターボ岩沢、オリオンズ佐野両好投手の投げ合いが続く。両チーム好機作るも相手エースの投球術と自慢の守備陣の好守に再三阻まれ共に無得点のままゲームは終盤へ。また両チーム捕手巧みなリードと強肩が冴え渡り相手機動力を完全に封じ込んだ。永遠に続いたであろう歴史的投手戦は両チーム7回無得点のまま引き分け。双方遠く大宮の地で、母国相模の超好敵手に出会うこととなった。
第二試合/ 11:00-13:00 練馬アドベンチャーズ 桜ヶ丘歯科センター
練馬無敵の球界新星が、関東屈指の超一線級伝統チームへ挑んだ。第一試合の余韻冷めやまぬまま迎えた掟破りの大一番に会場が異様な静けさに包まれる。練馬アドベンチャーズ清水投手、桜ヶ丘歯科センター金田投手。共に大学公式野球部のマウンドに君臨した超本格級エース。練馬:清水投手が気迫のマウンドで被安打2、10奪三振を奪えば、一方桜ヶ丘:金田投手もコーナーギリギリを切り裂く完成された制球力で被安打3、7奪三振の快投。双方数少ない好機を生かせぬまま引き分けたが、自慢のエースの奮闘、鉄壁の守備陣を中心とした完成度の高いチーム力は僅か一戦にして証明された。
第三試合/ 13:00-15:00 TGLEPS 2 11 サボテン
平均年齢20歳、相模原のヤングナインTGLEPSと一回りものキャリアを有する品川の伝統戦士サボテンとの超世代対決。エアロック初戦敗退の悔しさに一球入魂を宣言したTGLEPS田中投手であったが、序盤からサボテンの百戦錬磨が炸裂。自慢のストレートも真ん中へ投入されては全て外へ。中盤ようやく制球がまとまり始めたが、サボテンの猛攻は止まらない。最後までサボテンの凄まじい破壊力がTGLEPSを圧倒。ディフェンス面を中心に、若き星が原点からチーム修復する機会を得る試合となった。
第四試合/ 15:00-17:00 SENTAKKI'S 9 4 シュナーベルズ
今季絶好調、St若き注目株SENTAKKI’Sが首都圏全域で異次元の活動を繰り広げるシュナーベルズへ初挑戦。SENTAKKI’先発はMAX102キロながら持ち前の気力と味方信頼でマウンドを任される反之内投手、一方シュナーベルズ先発マウンドは130キロを裕に超す怪物左腕:斎藤投手。序盤からチーム力の差が露わになるかに思われたが、この日よもやの制球難に喘いだのは斎藤投手。初回、押し出し等で先制点を奪われると加点を許す。この試合3人の投手リレーを披露したシュナーベルズ、いずれも資質漲る好投手。中盤、激しい降雨に見舞われたままゲームは終盤へ。気合の円陣を組むとシュナーベルズの猛攻が始まったが、降り注ぐ豪雨の中、終止本来の野球が出来ぬままゲームセット。SENTAKKI’S反之内投手、執念の完投勝利。

試合後のコメント
会長: 高橋 凄まじい白熱戦を4試合拝見させて頂きました。第一試合と第2試合は規定により、7回0−0で引き分けとなりました。改めて、1点を取ることの難しさ、7イニングで決着をつけることの難しさを実感しました。また各チーム自慢の好投手の力投が今回の四番勝負をより熱く演出しました。鉄壁守備陣を背に、完封劇を演じた岩沢投手(イクターボ)、佐野投手(淵野辺オリオンズクラブ)、清水投手(練馬アドベンチャーズ)、金田投手(桜ヶ丘歯科センター)、そして速球王の貫禄を披露した斎藤投手(シュナーベルズ)、いずれも関東圏を戦い抜くべく抜群の資質が露わになりました。そして圧巻はサボテンの攻撃力。相手守備陣のミスが有ったとは言え、百戦錬磨の打撃は脅威的な破壊力でした。
「ヨッシャー」と満足し、会場をあとにしたチームは1チームもいません。これぞ、Peace-Fileです。それぞれが充実を感じ、それぞれの課題を持ち帰る。そこに、四番勝負開催の意味が有るのだと思います。私も今回は多々勉強させて頂きました。参加頂いた皆様、最高の全力プレーをありがとうございました。是非また勝負致しましょう。
審判部長 今日の8チームは皆好投手を中心とした将来性の有る素晴らしいチームでした。どうもありがとうございました。
St イクターボ/土屋代表 四番勝負、お疲れ様でした。淵野辺オリオンズの皆様ありがとうございました。緊迫した試合ですごく楽しかったです。
St 練馬アドベンチャーズ/齋藤監督 非常にナイスゲームだったと思います。強豪チームから、1点を取る大変さが非常に分かったゲーム内容でした。又こういう機会があれば、参加したいと思います。
St TGLEPS/日高主将 自分達の野球がまだまだ荒いことがわかりました!今回のサボテン様との対戦で課題をたくさん見つけることができました。練習たくさんしてきます。 交流戦にTGLEPSを出場させて頂いてありがとうございました。
St SENTAKKI'S/鈴木主将 四球やエラーからの失点で締まりのない試合をしてしまいましたが勝ててよかったです。シュナーベルズ様ありがとうございました。
招待 淵野辺オリオンズ/橘球団代表
昨日のゲームはチームに取ってとても良い刺激になり、また勉強させて貰った面も多くありました。本当にお誘い頂き感謝申し上げます。打撃練習に励み、さらにチーム力をアップして、まいりますので、また、お誘いいただければ、幸いです。有難う御座いました。
招待 桜ヶ丘歯科センター/籔田監督 今回、うちらしい野球が出来ず申し訳ありませんでした。しかしこのような緊張感のある場でプレーするということはチームにとって何よりの財産になります。主催高橋様練馬アドベンチャーズの皆様本当にありがとうございました。またお誘いいただければ喜んで参加させていただきます。
招待 サボテン/岩田代表
今回は大変有意義な体験をさせていただきありがとうございました。やはり、強豪チームとの対戦は勝ち負けに関係なく勉強になるものですね。今回対戦させていただいたTGLEPSさん、その機動力には驚かされました。やっぱり若いって良いですね。
今後もこのような強豪チームとの交流が持てる機会へ、是非参加させていただきたいと思っておりますので宜しくお願いします。
招待 シュナーベルズ/稲葉オ-ガナイザ- 折角お誘い頂いたのに最高のパフォーマンスを見せられず申し訳ございませんでした。この日の敗戦を真摯に受け止め、更に一層の精進に励みたいと思います。最後にピースファイル4番勝負の審判さんと幹事の高橋さん!どうもお疲れ様でした。

 
 
草野球の殿堂 -月間高橋- 全国軟式野球ランキング 草野球募集情報

部室機能利用OK〜☆STRONG Mobile

 
 

 

 
プロスタ戦史

 

ストロングリーグはこれまでプロスタ80試合以上を開催しています

次回プロスタ希望&大会への出場申し込みは「部室」 から

 

 

  チームIDを持っていない場合まず「チ-ム登録(無料)

 


個人の方登録や大会に関するお問い合わせ: ストロングリーグ本部事務局


ピースファイルへ戻る STRONG LEAGUEへ戻る

 


Copyright(C) StrongLeague All light reserved.