全国軟式野球ストロングリーグ -心と魂の交流戦-

 

 

 
 

ストロングリーグ

ストロングリーグ最新情報と野球ネタです | 全国軟式野球ストロングリーグ草野球大会
 

 

ジャパンカップ2016

【特割】ストロングカップ2017(秋) 【特割】ストロングカップ2016(秋) ストロングカップ2016(春)
エアロックカップ2016 ストロングカップ2016平日大会<火曜><水曜> SS2016東日本 SWBCJAPAN-クラブ軟式野球日本代表-

 

 
ストロングカップ2017(春)参加チーム受付
 
ストロングニュース|全国軟式野球ストロングリーグ

10.15国際軟式野球機構(IRBO)結成|10.15第1回軟式野球国際会議・東京サミット

2016/10/17

2017年は東京開催へ!SWBCJAPANが日本代表として参戦!

★国際軟式野球機構(IRBO/ International Rubber Baseball Organization)結成|10.15第1回軟式野球国際会議・東京サミット終了|2017年は東京開催へ!SWBCJAPANが日本代表として参戦へ!

国際軟式野球機構(IRBO/ International Rubber Baseball Organization)結成|10.15第1回軟式野球国際会議・東京サミット終了|2017年は東京開催へ!SWBCJAPANが日本代表として参戦へ!

10月15日、東京都新宿区内のホテルにて第1回国際軟式野球会議がおこなわれました。
日本、韓国、中国、チャイニーズタイペイ、シンガポールから代表者が集結しました。

日本からはSWBCJAPANの菅野和弘GM、岡野勇士監督、藤永昌之コーチ、高橋優コミッショナーが出席。今年8月に韓国でおこなわれた国際大会の御礼に一部の選手も各国関係者へ挨拶に訪れ、会の実行をサポートしました。

おかげさまで大変充実した会となり、来日いただいた各国代表の皆様、通訳の方々、SWBCJAPANおよびストロングリーガーの皆様ならびに各国野球関係者の皆様へ御礼申し上げます。


有意義な国際大会の実施と真の国際化

1)会則 2)会員 3)役員投票 4)野球規則 5)2017年国際大会・東京招致

各国で事前に準備をした上で、1)−5)が議題となりました。

IRBOの会則では、組織の目的や役割を確認しつつ軟式野球の発展と国際化を目指し、国際軟式野球機構(IRBO/ International Rubber Baseball Organization)の結成に至りました。

今後国際大会の実施も、より各国と地域が結束しより有意義なものとなるよう努めていくものとなります。国家ごとに環境が異なることも踏まえ、以降世界基準となる統一ルールを設けることで体制を整えます。競技としての各国におけるレベルアップと生涯スポーツとしての成長も欠かせません。

IRBO野球規則は日本でなじみのある軟式野球ルールを基礎とし、イニング、延長ルール、時間制限、審判に関すること等々、IRBO独自の有意義なルールを用います。

IRBO会員は前述の5カ国が加盟国となり、各国3名ずつ設置、計15名の会員が発表されました。
日本は、ストロングリーグ指導員の藤永昌之(イオギスポーツクラブ)、小嶋仁(パナソニック横浜)、高橋優(本部)の3名が会員に決まりました(他国は資料参照)。

今後、法人化(一般社団)と次回国際大会開催にあたって、各国は賛同頂ける企業様の募集と寄付金を募ります。
 


IRBO役員

役員については、15名の会員投票により下記の通り決定しました(資料参照/欠席は代理投票)。
 
会 長 YU TAKAHASHI Japan ストロングリーグ会長
副会長 ZONG FEI China 中国野球協会国家級審判員 北京市野球協会 審判委員会副審判長
副会長 KIM CHEON-GIL Korea 韓国幼少年野球連盟国際交流委員長
事務局長 YASUBAYASHI HIROKI Chinese Taipei 社团法人桃園市学生野球運動連盟副事務長
常任理事 Masayuki Fujinaga Japan ストロングリーグ指導員
常任理事 WANG TIAN-YI China 世界野球ソフトボール連盟審判員 中国野球協会国家級審判員
常任理事 CHUNG TING-KUO ChineseTaipei 社团法人桃園市学生野球運動連盟会長 桃園市立大園国際高等学校 校長
常任理事 KOO KUO-CHAN Korea 韓国幼少年野球連盟事務局長
常任理事 LEOW TECK-HUAT singapore 社团法人シンガポールアマチュア野球協会 理事




IRBO 2017年国際大会



最後に、2017年の第2回のU18国際大会に関する東京招致に関するプレゼンをおこない、各国が合意しました。

大会は2017年の8月頃に東京都周辺で開催予定で既に成人軟式野球が盛んなエリアである日本代表は25歳以下のメンバー構成で参戦予定です。併せて生涯スポーツとしての軟式野球協議の重要性を掲げ、年齢制限のないフル代表による国際大会の提案もおこないました。

なおプレゼンでは、これまでなかったインターネットを利用したライブ中継や、ブラスバンドを招いてのセレモニーの開催など日本ならではの開催案が掲げられ各国の賛同を得ました。

今後各国で協議し詳細がまとまって参ります。

IRBO国際大会の日本代表はストロングリーグのSWBC JAPANでチーム編成し臨戦します。

2016SWBCは12/17まで活動します。新規のトライアウトについては2017年1月より実施予定です。詳細は追って公式サイトにて告知いたします。

SWBC JAPAN 軟式野球日本代表SWBCJAPAN-クラブ軟式野球日本代表-
http://www.baseball.gr.jp/swbc/

[大人気]こちらの記事はフェイスブックページでも 閲覧・シェアしていただけるようになります
 

ストロングリーグ公式フェイスブックページ ストロングリーグ公式動画 <YouTube公式パートナー動画>

【参加受付中】ストロングリーグ2015年大会

ストロングカップ2017(春)参加チーム受付

ストロングカップ2016(秋)参加受付

ストロングカップ2016平日リーグ 火曜・水曜

公認球・ケンコーボールA号をお届け!