全国軟式野球ストロングリーグ -心と魂の交流戦-

 

 

 
 

ストロングリーグ

ストロングリーグ最新情報と野球ネタです | 全国軟式野球ストロングリーグ草野球大会
 

 

ジャパンカップ2016

【特割】ストロングカップ2017(秋) 【特割】ストロングカップ2016(秋) ストロングカップ2016(春)
エアロックカップ2016 ストロングカップ2016平日大会<火曜><水曜> SS2016東日本 SWBCJAPAN-クラブ軟式野球日本代表-

 

 
ストロングカップ2017(春)参加チーム受付
 
ストロングニュース|全国軟式野球ストロングリーグ

【ストロングカップ2016(春)】特別部は東京バンバータが2年ぶり優勝!亀谷16K!

2016/10/07

★【ストロングカップ2016(春)】特別部は東京バンバータ(港区)が2年ぶり優勝!亀谷投手が7回16奪三振の好投!打っては先制の3点タイムリー!小野建ライオンズ(船橋市)は準優勝|140キロ連発|10.2八王子市民球場ナイター

【ストロングカップ2016(春)】特別部は東京バンバータ(港区)が2年ぶり優勝!亀谷投手が7回16奪三振の好投!打っては先制の3点タイムリー!小野建ライオンズ(船橋市)は準優勝|140キロ連発|10.2八王子市民球場ナイター|動画 ありこの試合の写真はこちら
 

 
 

東京バンバータが2年ぶり特別部V|エアロと二冠も2年ぶり
 
決勝を16奪三振で完投した亀谷投手(東京バンバータ)後方は田中遊撃手東京バンバータ(港区)が前回覇者の小野建ライオンズ(船橋市)にスコア5-1で勝利し2年ぶりの優勝を飾った。

東京バンバータの先発:亀谷投手は自らの3点タイムリー3ベースを放つと、7回を16奪三振で完投し、抜群の勝負強さで勝利を掴み取った。

ディフェンディング王者・小野建ライオンズは2014年の8月に東京バンバータ戦で敗戦して以来、20戦無敗であったが、奇しくもこの日、東京バンバータに2年ぶりの敗戦を喫し2連覇を阻まれた。

18時30分の試合開始に備え、15時過ぎには両チーム選手が八王子市民球場に集結し始めた。

和やかな雰囲気でリラックスムードの両雄であったが、日も暮れ始めグラウンドインするや一気に戦闘モード突入。目の色が変わり、集中力を高めていった。

過去2年の特別部覇者かつJC全国優勝チーム同士とあり、春から2強と目された両バンバータはブルーのユニフォームで登場雄。予選の直接対決では0−0スコアレスドローでフィニッシュしており、この一戦はまさに決着をつけるべく大一番であった。つまらぬ野次、ラフプレイ、一切なし。これぞ特別部ファイナルという真っ向勝負がそこにあった。

この日も、0-0からの延長タイブレークの確率は80%オーバーのはずだった。
だが秋の八王子ナイターには魔物が潜んでいた。序盤から両チームが得点を奪い合うという魂の真っ向勝負が繰り広げられたのだ。

この試合の動画はバンバータチャンネル
https://www.youtube.com/watch?v=6IVTzE1K-is 
 
 


東京バンバータ 5-1 小野建ライオンズ|ストロングカップ 2016(春)特別部 決勝|10.2八王子市民球場
 
TEAM 1 2 3 4 5 6 7
東京バンバータ 0 3 1 0 0 1 0 5
小野建ライオンズ 0 1 0 0 0 0 0 1

今季も特別部の熱闘の中心にいた山崎投手(小野建ライオンズ)先発マウンドは、互いにジャパンカップ優勝投手。小野建ライオンズ山崎投手、東京バンバータ亀谷投手。2人ともゲーム前はいつもニコヤカな青年で、心優しいお兄さんといった印象だが、いざマウンドに登ると鬼の形相へと豹変。ゲーム終盤に握った手元のスピードガンでは山崎投手141キロ、亀谷投手140キロを計測していた。

初回は両投手とも無難なピッチングで無失点。試合が動いたのは2回、東京バンバータの攻撃だった。

2回表、東京バンバータは4番の米山選手がライト前に運ぶと、5番本池選手が死球、6番長尾選手が送りバントを決め、一死二三塁とする。さらに広崎選手が死球で一死満塁、先制のビッグチャンスを作る。8番高橋選手でエンドランを試みるが空振りとなり走者タッチアウト。高橋選手が粘って死球を選び二死満塁となる。

ここで打席は9番の亀谷選手。空振り、ファウルで追い込まれるが外寄りの真っ直ぐを打ち返しこれがセンターオーバーの走者一掃3点タイムリー2ベースとなり東京バンバータが3点を先制する。

2回、自ら先制の3点タイムリー2ベースを放つ亀谷選手(東京バンバータ)2回裏、3点を追う小野建ライオンズはすぐさま反撃に躍り出る。2者連続三振で簡単に二死とされるが、谷内田選手が意地の右中間2ベースを放つ。すると続く井倉選手が死球で二死ながら走者一二塁。ここで9番岩崎選手がレフト前に運んで1点を返し3-1とする。
3回表、追加点の欲しい東京バンバータは2番三浦選手の放った打球がショート内野安打となり出塁。直後、ワイルドピッチで一気に3塁を陥れる。二死後、5番の本池選手。振り抜いた打球はセンターオーバーのタイムリー3ベースとなり三浦選手が生還し4−1。
 

3回には5番本池選手のセンターオーバーのタイムリーで追加点を挙げる東京バンバータ

小野建ライオンズも岩崎選手のタイムリーで1点を返す

4番に座ったバンバータ米山選手。繋ぐ姿勢で喰らい付いていった。

エアロックサヨナラ打の長尾選手はこの試合でもタイムリー内野安打で打点を挙げた6回表、東京バンバータは米山選手が四球で出塁、バッテリーエラーと本池選手の進塁打で一死三塁のチャンスを作ると、6番の長尾選手の叩いた打球が一二塁間へのタイムリー内野安打となり5−1。

最終回表、小野建ライオンズは近藤投手にスイッチし無失点に切り抜け、最後の攻撃にかけるが、この日の亀谷投手とって4点のリードは贅沢だった。

最後の打者を追い込むとこの試合16個目となる三振で討ち取り、完投。スコア5−で東京バンバータが勝利。2年ぶり2度目の特別部優勝を成し遂げた。エアロックカップ日曜と併せ2冠達成。これも2年ぶりとなった。

大会屈指の注目右腕対決となったこの試合。小野建ライオンズも4安打1得点したが、8安打5得点と打線がつながった東京バンバータに軍配が上がった。

投げては亀谷投手が7回を被安打4の16奪三振と快刀乱麻のピッチング。
特別部では、2005年、JSCの左腕・鈴木投手がARUYO東海戦でみせた5回13奪三振以来となる派手な奪三振ショーとなった。
 
 

配信:バンバータチャンネル  https://www.youtube.com/channel/UClKGiNYhwb-Get8b-pDJkNg

 
東京バンバータがSCチャンピオンシップ&ジャパンカップ2016進出

東京バンバータはストロングカップ2016(春)特別部代表としてジャパンカップおよびSCチャンピオンシップファイナルに進出する。
2年ぶりの優勝を飾りスタンドへ一礼する東京バンバータ先制タイムリー&好投の亀谷投手はホッとした表情で優勝を噛み締めた。
「小野建ライオンズさんは強力ですから試合を壊さないよう集中して投げました。タイムリーはたまたまです。とにかくベンチ一丸で戦って勝利を掴むことができ嬉しいです。まだジャパンカップが残っていますので、代表チームとして精一杯やりたいですね」どっしりとしていた。

2年ぶりの優勝に導いた東京バンバータ・熊本監督が熱闘を振り返った。「こういう展開になるとは.. 山崎投手攻略は至難の業ですから、8安打5得点というのは、上出来勝田選手会長(左)と熊本監督(右)ですね。亀谷の先制タイムリーに尽きますね。追加点も貴重でした。投手陣については亀谷が今日は行くと燃えてました。準備はしていましたがこの展開でしたので最後まで行かせました」

ジャパンカップについてもヤル気をみせている。「前回の全国決勝は僕が行けてません(笑)今年はいくぞと。とにかく1戦1戦を大事に滝が原決戦を楽しみたいですね。東日本代表としてプロスタに辿りつけるよう頑張ります。あと、ゼビオも残ってるので頑張ります!」

2年ぶりJC制覇に死角なし!? 東京バンバータは2冠達成でさらに結束を高めている東京バンバータは、2年前もジャパンカップとマルハンドリームカップを同時に勝ち上がり、両大会で全国優勝を成し遂げている。2015年は一旦退いたが、再び2大会を無敗で駆け上がっている。特別部、エアロックも2年ぶりのV(2冠)とあり、いけてる年はシンプルに結果を出すのが特徴だ。今春の天皇賜杯東京都代表決定戦進出然り。昨年はというと、夏の大宮健保で”今年は状態決して良くない”と熊本監督、勝田選手会長が口を揃えていた。上層部が極めて冷静だった。今季はちょっと死角が見当たらず、ほぼ万全とみて良さそうだ。

前回優勝、今回準優勝と瞬く間に特別部の柱へ君臨した小野建ライオンズ敗れはしたが小野建ライオンズの健闘を心から称えたい。今季もストロングカップだけに出場し一戦入魂、無敗で駆け抜けた。予選では1点も許すことなく無敗で切り抜け、決勝トーナメントに入っても磐石のディフェンス。山崎投手は決勝戦ではじめての失点を許したが奇しくも相手の柱・亀谷投手に振り抜かれた。
 
鉄壁の投手陣をリードしてきた谷内田捕手は「相手が一枚上でしたね。出直しです。でも内容のあるシーズンでしたしチーム力を上げています。必ずこの舞台に帰ってリベンジします」と前を向いていた。谷内田選手は巨人軍出身で、元オリックスの山崎投手とはプロ出身バッテリーとして昨年のジャパンカップ2015全国優勝に大きく貢献した逸材。敗れはしたが最後まで執念を燃やしベンチ一丸で戦い抜く姿勢と勝者を称える小野建ライオンズの振る舞いは素晴らしいものだった。
来シーズンも、両雄が特別部のV戦線を賑わすことは間違いない。

※特別部決勝は両チームを代表し勝田選手会長(バ)にスコアボード、SBOを担当していただきました。”観に来てくれている方もいますし大会を盛り上げましょうよ"と進んで協力いただきました。
エアロック決勝時に担当いただいた宮崎OB(バ)のご協力と併せ御礼申し上げます。誠にありがとうございました!


全国軟式野球 ストロングリーグ 草野球大会ストロングカップ2016(春)
http://www.baseball.gr.jp/16sc/


バンバータチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UClKGiNYhwb-Get8b-pDJkNg

全国軟式野球 ストロングリーグ 草野球大会【ジャパンカップ/SCチャンピオンシップ】西日本開幕!東日本は10.23(日)滝が原で開幕へ
ジャパンカップ2016/SCチャンピオンシップ2016

[大人気]こちらの記事はフェイスブックページでも 閲覧・シェアしていただけます
 

ストロングリーグ公式フェイスブックページ ストロングリーグ公式動画 <YouTube公式パートナー動画>

【参加受付中】ストロングリーグ2015年大会

ストロングカップ2017(春)参加チーム受付

ストロングカップ2016(秋)参加受付

ストロングカップ2016平日リーグ 火曜・水曜

公認球・ケンコーボールA号をお届け!