全国軟式野球ストロングリーグ -心と魂の交流戦-

 

 

 
 

ストロングリーグ

ストロングリーグ最新情報と野球ネタです | 全国軟式野球ストロングリーグ草野球大会
 

 

ストロングカップ2016(春) ストロングカップ2015(秋)関東・関西 -15周年記念大会- SCチャンピオンシップ ストロングカップ2016平日大会<火曜><水曜>
エアロックカップ2016 2016北海道大会 新仕様トーナメントで全国を目指せ! SS2016東日本 SWBCJAPAN-クラブ軟式野球日本代表-

 

 
ストロングカップ2016(秋)参加受付
 
ストロングニュース|全国軟式野球ストロングリーグ

【エアロック2016】前回優勝のGCアスレ8強!次回4強かけスタイガーと激突 (関東日)

2016/07/05

■【エアロックカップ2016】 前回ファイナリストのGCアスレチックス8強!次回4強かけスタイガーと激突

■【エアロックカップ2016】 前回ファイナリストのGCアスレチックス8強!次回4強かけスタイガーと激突

エアロックカップ2016関東日曜大会で、GCアスレチックスこと
(株)グリーンセレモニーアスレチックスがベスト8進出。
初戦の
津嶋倶楽部で、42歳 ながら遠投92メートルの強肩アンダースローとして知られる兎澤投手(伝説動画)が激投した。

津嶋倶楽部平間投手、GCアスレチックス兎澤投手の先発で試合開始。
2回裏にGCアスレチックスが一死三塁から送球ミスで1点を先制する。
4回表の津嶋倶楽部は、遊失策と死球で無死一塁二塁のチャンス。ここはダブルプレイで無得点に終わる。


GCアスレチックスは4回裏に二死満塁、5回裏には無死満塁のチャンスを作るが、拙攻で無得点に終わる。すると、6回表の津嶋倶楽部は連打で一死一塁三塁のチャンスを作ると、一塁ランナーが牽制で挟まれている間に、三塁ランナーがホームインして1-1同点に追いつく。

しかしすかさずGCアスレチックも6回裏に増村選手の二塁打と兎澤選手の三塁打、さらに篠崎選手にもタイムリー安打が出て3得点する。最終回をGCアスレチックス兎澤投手が3人で抑えてゲームセット。GCアスレチックスが4-1で勝利を飾った。

学生時代、恩師の助言でアンダースローに転向した兎澤投手。まさか卒業後、アンダースローを武器に軟式野球の世界でそれも20年に渡り奮うとは本人も思っていなかっただろう。兎澤選手はハートはさることながら、遠投92メートルにあるように肉体の強さは天下一品。2001年にSS2001東日本でストロングリーグ初めて会った日から変わらぬ体型を維持している。僕が当時から20キロ増量しているにも関わらずだ。

ベスト体重の維持は兎澤氏のトレーニングの賜物であることは勿論だが、食事に気を使っている点が大きいと言う。決して、暴飲暴食はせず、どちらかというと小食とも言える食事メニューを数十年間、展開しているというのだから頭が下がる。頼もしい守備陣を背に、長きに渡り、多くのチーム、打者と対戦し続けてきたことは彼の財産だ。
 
そのGCアスレとベスト4進出をかけ7月10日に対戦するのは
スタイガーだ。 リーグでの実績、勝利へかける思いは決してGCアスレに引けをとらない。
開幕から
風神エアーズルーキーズに 対し2試合連続2桁得点の猛攻でベスト8入りを果たした。

初戦の風神エアーズ戦では、注目の右腕・遠藤投手が先発マウンドを任され、風神エアーズ成徳投手との投げ合いとなった。1回表にスタイガーは1番の亀山選手が三塁打で出塁すると、相手の野手のミスにつけこみ幸先よく1点を先取。

スタイガーは3回にも、4番の中村選手がタイムリーを放ち2点を追加し3-0。4回以降も追加点を加えていき12得点。投げては遠藤投手が風神エアーズ打線を完璧に封じ込み、スタイガーが12-0で勝利した。

スタイガーは、ストロングカップ特別部総合優勝、エアロックカップ日曜でも準優勝と実績のあるチーム。江戸川区を代表し東京都1部大会にも参戦する強豪だ。遠藤投手が繋ぎのGCアスレチックス打線にどこまで迫るか、注目の一戦である。


全国軟式野球 ストロングリーグ 草野球大会エアロックカップ2016
http://www.baseball.gr.jp/16ac/

[大人気]こちらの記事はフェイスブックページでも 閲覧・シェアしていただけます
 

ストロングリーグ公式フェイスブックページ ストロングリーグ公式動画 <YouTube公式パートナー動画>

【参加受付中】ストロングリーグ2015年大会

ストロングカップ2016(秋)参加受付

7.23 SWBCJAPANトライアウト

ストロングカップ2016平日リーグ 火曜・水曜