全国軟式野球ストロングリーグ -心と魂の交流戦-

 

 

 
 

ストロングリーグ

ストロングリーグ最新情報と野球ネタです | 全国軟式野球ストロングリーグ草野球大会
 

 

ストロングカップ2016(春)

ストロングカップ2015(秋)関東・関西 -15周年記念大会- SCチャンピオンシップ エアロックカップ2016 ストロングカップ2016平日大会<火曜><水曜>
2016北海道大会 新仕様トーナメントで全国を目指せ! オープン戦2016 ピースファイル -全国軟式野球交流試合- SWBCJAPAN-クラブ軟式野球日本代表-

 

 
【特割】 ストロングリーグ2016(春)プロスタダブルチャンス!
 
ストロングニュース|全国軟式野球ストロングリーグ

【SC2016春】開幕!関東はREDSOXが白星発進!大宮フェニックスは開幕2連勝!

2016/04/08

ストロングカップ2016(春)開幕!昨秋大活躍のREDSOXが白星スタート!大宮フェニックスは開幕2連勝!新たに三光電気工事株式会社初参戦で特別部は混戦必至

★【関東日曜】 特別部

前回覇者でジャパンカップ1部の頂点に立った小野建ライオンズ最高峰特別部は歴代の優勝チーム5チームがひしめく。
マミーズTABOO東京バンバータ小野建ライオンズRED SOXだ。

中でも昨春の小野建ライオンズの初優勝は記憶に新しいところで、山崎・岩崎両投手-谷内田捕手とプロ経験者を擁するバッテリーを中心とした圧倒的なディフェンスに加え、攻撃面でもそつのない攻めで勝利を重ね、甲子園でおこなわれた全国大会の頂点に立った。

前年覇者の東京バンバータ監督の熊本氏が決勝トーナメント開幕時点ですでに最も警戒すべきチームとして挙げていたことからも圧倒的な制覇であったことがうかがい知れる。良きライバルの存在が全体のレベルアップを成し得た特別部。今年も各チームの個性がひしめく名勝負に賑わいそうだ。

REDSOX強力打線のクリーンナップを担う井上選手前回秋季大会で初優勝を飾ったREDSOXは優勝候補の上位だ。
昨秋、ジャパンカップ2015では猛打炸裂で準優勝に輝き、先日横浜スタジアムでおこなわれたストロングスポーツカップ2015決勝では東北代表チーム・みしま精肉店(福島)を下し優勝を飾った。

REDSOXの猛攻は今シーズンも健在というわけだ。
小技を駆使しつつも豪快に打ち勝つ野球が魅力だ。投手陣もJCで旋風を巻き起こした吉田雅投手らベテラン勢が安定。

Aブロック初戦を迎えたREDSOX。東京富沢クラブと対戦した。
ゲームは1回裏、二死となるが3番の井上選手がライトへの本塁打を放ち1点を先制する。

初出場Vを狙う三光電気工事株式会社2回には6番の雨宮選手、8番の村上選手、さらに9番の須賀選手、1番中林選手がヒットを放ち、4点を追加し5-0と試合を優位に進める。4回、6回にも中林選手、雨宮選手、村上選手にこの試合2本目のヒットが出て着実に加点し、REDSOXが7-0で完封勝利した。

Aブロックは、特別部で春秋連覇の経験を持つマミーズのほか、風神エアーズ、東ブロチムニーといった1部ファイナリスト、さらに
三光電気工事株式会社が新たに参戦とあり互いにとって気の抜けない戦いが続く。

三光電気工事株式会社は2012年には高松宮賜杯1部全国大会で準優勝に輝いた強豪。今春もJSBB東京都1部大会に参戦中で市川内野手ら百戦錬磨の好素質を揃える。特別部で初出場Vを狙える器だ。

大宮フェニックス永野選手はSWBCJAPANでも奮った逸材今季よりリーグ復帰の大宮フェニックスがCブロックでロケットスタートを決めた。ジャパンカップの1部覇者であるTABOO、同2部覇者であるブレーブスと対戦し、開幕2連勝。

昨年、サンスポ野球大会で東日本ファイナリストとなったばかりか、ゼビオドリームカップでも関東大会を制するなど関東を代表する強豪クラブに成長した大宮フェニックス。投手の柱の1人である永野投手はSWBCJAPANでも主力を担った逸材で攻守のキーマンである。

今季、SC特別部そしてジャパンカップの舞台で結果を残したならば、これはもう最強を認めざるを得ない。いよいよ運命の幕が明けた。

迎えたTABOOとの一戦では初回、先頭打者から2つの死球と安打で満塁。2死満塁の場面で狩野選手が安打を放ち、情熱チキンの失策もあり一挙3点先取。初回裏、川村選手が四球で出塁し盗塁成功。1死2塁の場面で、小谷選手の打球を失策してしまいその間に走者に帰還されて1点。

3回表、藤原、鈴木選手の四死球で出塁。1死1、2塁の場面で、狩野選手の打球を情熱チキンが失策しその間に藤原選手が生還し1点。4回裏、2つの四球にて1死1、2塁の場面で坂井選手の安打で満塁。続く大井選手の安打で三塁走者が帰還し1点。

5回表、先頭打者の野呂選手が二塁打を放ち、無死2塁の場面で藤原選手が二遊間にゴロを打つも情熱チの失策により野呂選手生還して1点で東京ライオンズが5-2で勝利を飾った。続くブレーブス戦でも中盤に3点を先制し最終回にも2点を入れた大宮フェニックスが5対1で勝利した。

ストロングカップ2016(春) 地域・クラス別リーグ

【関東日曜】1部

のちの超強豪を輩出する1部は注目の的。
東京ライオンズが初戦を迎え、今季復帰の情熱チキンに競り勝ち白星スタートした。

ゲームは初回、先頭打者から2つの死球と安打で満塁。2死満塁の場面で狩野選手が安打を放ち、情熱チキンの失策もあり一挙3点先取。初回裏、川村選手が四球で出塁し盗塁成功。1死2塁の場面で、小谷選手の打球を失策してしまいその間に走者に帰還されて1点。

3回表、藤原、鈴木選手の四死球で出塁。1死1、2塁の場面で、狩野選手の打球を情熱チキンが失策しその間に藤原選手が生還し1点。

4回裏、2つの四球にて1死1、2塁の場面で坂井選手の安打で満塁。続く大井選手の安打で三塁走者が帰還し1点。5回表、先頭打者の野呂選手が二塁打を放ち、無死2塁の場面で藤原選手が二遊間にゴロを打つも情熱チの失策により野呂選手生還して1点で東京ライオンズが5-2で勝利。情熱は残り全勝で決勝トーナメント進出を目指す。

【関東土曜】1部

土曜の強豪・赤羽シャークス
前回の春秋の準優勝チーム同士の対決となった
赤羽シャークスハードライナーズの対戦は、激しい点の奪い合いとなった。

ゲームは1回表、ハードライナーズは相手エラーとタイムリーヒットで2点を先制する。しかし1回裏、赤羽シャークスも本塁打を含むタイムリーと相手エラーで一挙8点を返し逆転する。

赤羽シャークスは2回裏にも、二死から2点を奪い10-1と大量リードする。しかし3回裏、こんどはハードライナーズが猛攻で5点を失い10-7。試合は、わからなくなった。さらにハードライナーズは最終回にも1点を加え2点差に詰め寄り、なおも走者三塁としたが最後は赤羽シャークスが踏ん張って10-8で勝利を飾った。

今季3年ぶりの参戦となる
TYCが昨秋のチャンピオンチームであるBlue Impulseに勝利し白星スタート。ゲームは先攻TYCは斎藤投手、後攻のBlue Impulseは五月女投手の先発で試合開始。

初回TYCの攻撃は一死後、2番枝光選手がライトへのヒットで出塁する。続く3番遠藤選手がセンター前に抜けそうなライナーを打つが、Blue Impulseのセカンド高橋選手がこれを好捕し、一塁走者が戻りきれずダブルプレーとなり無得点。その裏Blue Impulseは二死後、3番立石選手がレフトポール際へのソロ本塁打を放ち1点を先制する。

すぐさま追いつきたいTYCはエラーで出塁すると走者がワイルドピッチとボークで一死三塁となり6番小川選手がレフトへ安打を放ち同点とする。一気に攻めたいTYCだがBlue Impulseの固い守備に阻まれ同点止まり。その後、両チームともチャンスは作るが決定打が出ず試合が進む。

5回表TYCの攻撃、四球と内野安打に進塁打で一死二三塁となり、1番本川選手の所で初球エンドランを決め1点を追加する。なおも、二死三塁のチャンスだったが後続が倒れ1点止まり。最終回に両チームともチャンスを作るが両投手踏ん張りそのまま、2対1で終了しTYCが勝利。

【関東土曜】2部

リベンジに燃える!チームポアンカレ今年もやってきた。猛打の
チームポアンカレ
昨年決勝トーナメントで散り、初出場初優勝の夢絶たれたチームポアンカレが初戦を向かえ、
JASMINESから8点を奪う猛攻で白星スタートを飾った。

ゲームはチームポアンカレは初回四球から足を絡めて2点を先制。4回にも足を絡めた攻撃で2点を奪い、さらに6回には9番ピッチャー吉田の走者一掃となる2塁打を放ち勝負あり。

ジャスミンズを6回自責点1奪三振4の好投でチームポアンカレが8-3で勝利。

全国軟式野球 ストロングリーグ 草野球大会ストロングカップ2016(春)
http://www.baseball.gr.jp/16sc/

[大人気]こちらの記事はフェイスブックページでも 閲覧・シェアしていただけるようになります
 

ストロングリーグ公式フェイスブックページ ストロングリーグ公式動画 <YouTube公式パートナー動画>

【参加受付中】ストロングリーグ2015年大会

ストロングカップ2016(春) 地域・クラス別リーグ
ストロングカップ2016平日リーグ 火曜・水曜
目指せプロスタ!新仕様・本部主催トーナメント!北海道大会受付スタート!
4.23トライアウト!2016SWBCJAPAN-クラブ軟式野球日本代表-