全国軟式野球ストロングリーグ -心と魂の交流戦-

 

 

 
 

ストロングリーグ

ストロングリーグ最新情報と野球ネタです | 全国軟式野球ストロングリーグ草野球大会
 

 

ストロングカップ2016(春)

ストロングカップ2015(秋)関東・関西 -15周年記念大会- SCチャンピオンシップ エアロックカップ2016 ストロングカップ2016平日大会<火曜><水曜> SWBCJAPAN-クラブ軟式野球日本代表-

 

 
【特割】 ストロングリーグ2016(春)プロスタダブルチャンス!
 
ストロングニュース|全国軟式野球ストロングリーグ

【46歳完投】気温37度の炎天下で魂の9イニング!まだまだいけるぜ40代

2016/02/18

【動画】武藤投手9回完投|気温37度
https://youtu.be/EjHRf75Aqt0

30年後、自分が激戦のマウンドを任されることをイメージしている高校球児は全国に何人いるだろうか。
ありえるぞと伝えたい。

昨秋、結成25年の歳月をかけ悲願の渋谷区1部制覇を成し遂げたユニティー。50歳に到達する河口監督は涙を流しナインと初優勝の喜びに浸ったという。チーム一丸で最後まで諦めず挑戦し続けた結果である。
 

ユニティーは、その3ヶ月前、ストロングリーグ夏のメインイベントでもドラマを巻き起こしていたのだ。

8月におこなわれたストロングリーグ恒例の夏季選抜SS2015東日本大会。
選ばれし強豪が集うばかりか、会場となる八王子市・滝が原はこの時期、気温37〜38度に昇るサバイバル。
ダブルヘッダーともなれば攻略が非常に難しく、出場チームはヘロヘロとなることを覚悟で会場入りする。

この大会に10年以上前から参戦中のクラブがユニティーだ。
「(SSは)恒例のトーナメント。オヤジたちの甲子園だと思って参戦しています」
ライバルはどんどん若返っていく中、30代、40代のベテランを中心としたユニティーはチャレンジし続けてきた。

迎えた準々決勝の先発を任されたのが、チームの大黒柱である武藤峰夫投手(46歳)だった。
なんと気温37度の炎天下で9回を完投(8回よりサドン)した挙句、優勝候補のT-Fiveに競り勝ったのだ。

ユニティーはこの日、つづく準決勝・Snugs戦に登場するとまたしても延長サドンデス突入する激闘を演じると、なんと武藤峰夫投手が終盤、再びマウンドに登った。

まさに魂のピッチングだった。結果、サヨナラ負けとなったが武藤峰夫投手とナインは清々しい笑顔で整列しグラウンドをあとにした。

まだまだいけるぜ40代!

◆目指せ甲子園!2016年大会参加受付

・ストロングカップ2016(春)
http://www.baseball.gr.jp/16sc/

・エアロックカップ2016
http://www.baseball.gr.jp/16ac/

・ストロングカップ2016平日
http://www.baseball.gr.jp/16scw/

平均年齢35歳以上のチーム様はストロングカップ2016(春)のマスターズブロック(土曜or日曜)にエントリー可能です。

結成25年の伝統を誇るユニティー(東京)

[大人気]こちらの記事はフェイスブックページでも 閲覧・シェアしていただけます
 

ストロングリーグ公式フェイスブックページ ストロングリーグ公式動画 <YouTube公式パートナー動画>

【参加受付中】ストロングリーグ2015年大会

ストロングカップ2016(春) 地域・クラス別リーグ
目指せ甲子園!エアロックカップ2016 トーナメント
ストロングカップ2016平日リーグ 火曜・水曜