ストロングリーグ2015 15周年記念大会

 

ストロングリーグ2015 -15周年記念大会-

 
 

ストロングリーグ

ストロングリーグ最新情報と野球ネタです | 全国軟式野球ストロングリーグ草野球大会
 

 

全国軟式野球統一王座決定戦 ジャパンカップ2015

ストロングカップ2016(春) ストロングカップ2015(秋)関東・関西 -15周年記念大会- SCチャンピオンシップ エアロックカップ2015 関東・関西 SummerSuspicion2015 東日本
甲子園直結型・甲子園カップ2015西日本オープントーナメント[関西・東海] 西武ドーム直結型トーナメント!ストロングスポーツカップ2015東日本[関東][東北] ストロングカップ2015北海道 ストロングカップ2015平日 SWBCJAPAN-クラブ軟式野球日本代表-

 

 
【特割】 ストロングリーグ2016(春)プロスタダブルチャンス!
 
ストロングニュース|全国軟式野球ストロングリーグ

ストロングリーグ

出た!リーグ最速145キロ2発!前沢力投手(SWBCJAPAN)

2015/11/11

リーグ最速145キロ!前沢力投手(SWBCJAPAN)|SWBCJAPAN VS 東京ラインプリンタ印刷様戦
(2015年9月19日八王子市民球場)


https://youtu.be/nK19OcNkyJ4

ついに出た!リーグ最速タイとなる球速145キロ!<2球>―

SWBCJAPAN前沢力投手(SHADOWS)2015年9月19日八王子市民球場―
まさか軟式で90マイルの壁を越えるとは..
記録はSWBCJAPANチャレンジマッチ「SWBCJAPAN-クラブ軟式野球日本代表 VS 東京ラインプリンタ印刷株式会社の一戦で生まれた。

SWBCJAPAN先発の前沢力投手(SHADOWS)は、初回から140キロ台の真っ直ぐを連発し、両ベンチをゾワつかせると、ついには、145キロの速球を二球投じ、両ベンチをザワつかせた。
相模KOT'S泉投手と並ぶリーグ計測史上最速タイの剛球であった。

ちなみにストロングリーグ15年の歴史で2004年のジャパンカップ優勝チーム:桜(沖縄)が、JC全国大会決勝(東京ドーム)でJC史上最速の142キロを投じた中村投手のほか登板した3投手全員が140キロを計測したのをはじめ、同じくJC全国大会(神宮)で吠えたYSクラブの片岡茂治投手が141キロ、メガパワーズ清水投手が142キロを叩きだすなどジャパンカップファイナルともなると、140キロ投手が時折登場した。がしかし145は群を抜いた。

SWBCJAPANはこの試合、前沢力投手を継投した山本太一投手(青木製作所Snugs)、坂本千春投手(大泉フェニックス)の3投手がノーヒットノーランリレーをみせ、ダブルヘッダーを連勝した。

スピードボールにこだわる研究熱心な前沢投手。
「速球は持ち味だと思っていますので、次は150キロ目指して頑張ります!」夢は広がるばかりだ。

俊足巧打で守備にも定評のある前沢選手は、SWBCJAPANの上位打線を担う逸材で野手としても注目度の高い選手ではあるが、ピッチングにもこだわっており、強豪チームの打線に対し自分のボールがどこまで通用するか試してみたい。また成長していきたい。という思いで、SWBCJAPANトライアウトを経て今春、代表入りを果たした。

さて、12月19日、今年もシーズンの締めとして、SWBCJAPAN VS ストロングリーグ選抜の形式で、オールスターゲームがおこなわれる。SWBCJAPANは前沢投手の登板があるかはまだ定かではないが、もしマウンドに立つようなら、ストロングリーグ選抜としては心して臨まなければならない。裏を返せば絶好の機会。速球王を打ち崩し、年を越せるか!?

※オールスターゲーム2015の開催告知と出場選手登録はまもなくストロングリーグ公式サイトおよび当フェイスブックページでおこなわれます!来季のSWBCJAPANトライアウト参戦希望者も是非この機会に一度ご参加下さい。

 


SWBC JAPAN 軟式野球日本代表SWBCJAPAN-クラブ軟式野球日本代表-
http://www.baseball.gr.jp/swbc/

[大人気]こちらの記事はフェイスブックページでも 閲覧・シェアしていただけます
 

ストロングリーグ公式フェイスブックページ ストロングリーグ公式動画 <YouTube公式パートナー動画>

【参加受付中】ストロングリーグ2015年大会

【特割】プロスタダブルチャレンジ!「ストロングカップ2016(春)」加盟チーム受付!