ストロングリーグ2015 15周年記念大会

 

ストロングリーグ2015 -15周年記念大会-

 
 

ストロングリーグ

ストロングリーグ最新情報と野球ネタです | 全国軟式野球ストロングリーグ草野球大会
 

 

全国軟式野球統一王座決定戦 ジャパンカップ2015

ストロングカップ2016(春) ストロングカップ2015(秋)関東・関西 -15周年記念大会- SCチャンピオンシップ エアロックカップ2015 関東・関西 SummerSuspicion2015 東日本
甲子園直結型・甲子園カップ2015西日本オープントーナメント[関西・東海] 西武ドーム直結型トーナメント!ストロングスポーツカップ2015東日本[関東][東北] ストロングカップ2015北海道 ストロングカップ2015平日 SWBCJAPAN-クラブ軟式野球日本代表-

 

 
【特割】 ストロングリーグ2016(春)プロスタダブルチャンス!
 
ストロングニュース|全国軟式野球ストロングリーグ

★速報【ジャパンカップ2015】ビコークラブ八強!│東京都庁に延長で打ち勝つ

2015/10/25

★速報【ジャパンカップ2015】ビコークラブ八強!│東京都庁に延長サドンデスで打ち勝つ!次回GT横浜ライオンズ戦!東日本1部・1回戦

★速報【ジャパンカップ2015】ビコークラブ八強!│東京都庁に延長サドンデスで打ち勝つ!次回GT横浜ライオンズ戦!東日本1部・1回戦

全国軟式野球 ストロングリーグ 草野球大会10.25(日)滝が原7面
 
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8
ビコ ークラブ 0 0 0 2 0 0 0 4 6
東京都庁 0 0 1 0 0 1 0 0 2

ビコ ークラブ 2-2 東京都庁  (延長サドンデス8回 6-2)
└ ジャパンカップ2015東日本1部 1回戦

ゲームは、ビコークラブ中村投手、東京都庁野口投手の先発マウンド。3回裏、ビコークラブが1点を先取するが4回表、東京都庁がすぐさま反撃に出て2-1とひっくり返す。ビコークラブも6回裏、1点を返し2-2同点。7回は互いに無得点でゲームは一死満塁形式の延長サドンデスに突入する。

8回表、ビコークラブの攻撃。金沢選手が放った打球は左翼手の頭上を越える走者一掃のタイムリー となり3点、さらにタイムリーで1点を加えるとその裏の東京都庁の攻撃を中村投手がゼロで抑え6-2でビコークラブが延長勝ち。 追いつけ追い越せの大激戦は辛抱の末、最後の最後、頼みの打線が目を覚ました。またしても追いつき、追い越した。まさに"逆転のビコー"だ。

最後までハラハラドキドキの好ゲーム。やれやれといった様子で樫村GMらが激戦を振り返った。
次回、GT横浜ライオンズ戦は前回JCのリベンジマッチとあり注目の的。集大成的な打ち合いが見られるかもしれない。

■樫村義正GM〔
ビコ ークラブ

「ここまでくると本当に強いチームさんばかり。東京都庁さんの粘りに苦戦しました。延長でなんとか1本が出て、勝利することができましたがまだまだ。気を引き締めて次戦に備えたいですね」

■伊藤修司首相〔
ビコ ークラブ

「ジャパンカップ初勝利、待ちに待った1勝でした。どちらが最初に痺れを切らすかという我慢比べになりました。最後決めた金沢はナイスバッティングでした。あの場面で金沢に1本が出ていなかったら、キャプテンの自分がメンバーに責められていたと思います。うちは下手ですけどみんな野球が好き。うちは"打"しかないのでチームワークで打ち勝ってリベンジしたいですね」

■中村太城投手〔
ビコ ークラブ

「今日は辛抱のピッチングになりました。最後は先輩方が決めてくれました。頼もしい打線に感謝。心強いです。次戦も強豪さん相手になりますが、今日の粘りのピッチングが自分の持ち味だと思っていますので、最少失点に抑えられるよう、考えて投げて行きたいです。挑戦する気持ちで頑張りたいです。」
--

ビコークラブは次回11.1の2回戦では
GT横浜ライオンズと対戦する。奇しくも前年ジャパンカップ初戦と同じカード。前回はGT横浜ライオンズ打線が火を噴き完封勝ち。ビコークラブは相手が自分たちのやりたい野球をそのままやられた。

伊藤キャプテンの言葉通り今季もビコークラブはチームワーク抜群だ。
中村投手ら若き
ピッチャー陣も育ちディフェンスが安定感を増した。攻撃では機動力も活かすが、やはりここ一番の1本が魅力で、SCでは2年連続、そしてジャパンカップ初戦と本部主催試合の勝利は3試合いずれも逆転勝ち。脅威の打線網こそ長年培ったチーム力かもしれない。
最高の相手と1年ぶりの大一番。真っ向勝負で打ち勝ちたい。

敗れはしたが東京都庁の快進撃に拍手を贈りたい。両軍攻め合って互角の2−2延長サドンデス。1本に泣いた。
しかしエース野口投手を中心とした守りの野球は大舞台でも大崩はなかったし、打線は追う展開においてもコツコツと繋ぎの姿勢で応戦し同転に追いつくなど、攻守に粘り強く代表チームに相応しい野球で互角のシーソーゲームを演じた。「要所で得点を奪えなかった。また1から出直してここに帰ってきます」石黒監督が振り返った。ナインと共にきっちりとミーティングをおこない、会場を後にした。
 
全国軟式野球 ストロングリーグ 草野球大会ジャパンカップ2015 全国軟式野球統一王座決定戦
http://www.baseball.gr.jp/15jc/

[大人気]こちらの記事はフェイスブックページでも 閲覧・シェアしていただけます
 

ストロングリーグ公式フェイスブックページ ストロングリーグ公式動画 <YouTube公式パートナー動画>

【参加受付中】ストロングリーグ2015年大会

【特割】プロスタダブルチャレンジ!「ストロングカップ2016(春)」加盟チーム受付!