ストロングリーグ2015 15周年記念大会

 

ストロングリーグ2015 -15周年記念大会-

 
 

ストロングリーグ

ストロングリーグ最新情報と野球ネタです | 全国軟式野球ストロングリーグ草野球大会
 

 

全国軟式野球統一王座決定戦 ジャパンカップ2015

ストロングカップ2016(春) ストロングカップ2015(秋)関東・関西 -15周年記念大会- SCチャンピオンシップ エアロックカップ2015 関東・関西 SummerSuspicion2015 東日本
甲子園直結型・甲子園カップ2015西日本オープントーナメント[関西・東海] 西武ドーム直結型トーナメント!ストロングスポーツカップ2015東日本[関東][東北] ストロングカップ2015北海道 ストロングカップ2015平日 SWBCJAPAN-クラブ軟式野球日本代表-

 

 
【特割】 ストロングリーグ2016(春)プロスタダブルチャンス!
ストロングニュース|全国軟式野球ストロングリーグ

★【ピースファイル40】Naughtyが優勝!王者・Snugsへの挑戦権獲得!

2015/10/20

★【ピースファイル40】Naughtyが優勝!1デイトーナメント制し、PF王者・Snugsへの挑戦権獲得!左腕・久保大輝投手力投!大泉フェニックスに延長サドン勝ち!マッスルジムに逆転勝ち!

★【ピースファイル40】Naughtyが優勝!1デイトーナメント制し、PF王者・Snugsへの挑戦権獲得!左腕・久保大輝投手力投!大泉フェニックスに延長サドン勝ち!マッスルジムに逆転勝ち!

第40回ピースファイルは、Naughtyが2戦2勝し優勝を飾った―
SC特別部準優勝の逸材ではあるが、この日は好チームが揃ったことと、わずか9人で望んだことも重なり苦しいダブルヘッダーとなった。しかし「参戦するからには..」の言葉通り、集まった部員で団結し2試合をぶとく勝ち上がった。

初戦 延長8回決勝タイムリーの齋藤兄選手初戦の大泉フェニックス戦は、Naughty久保投手と大泉フェニックス和泉投手による投げ合い。2点リードのNaughtyが最終回、勝利目前で大泉フェニックスの怒涛の反撃に遭い、2-2同点に追いつかれる大激戦。しかし延長サドンデスで齋藤竣選手のセンターオーバーの2点タイムリー[写真]を皮切りに連打のNaughtyが一挙6点を奪い、8-3で勝利を収めた。

決勝のマッスルジム戦は、Naughty久保投手が2試合連続のマウンドを務め力投。マッスルジム島津投手と壮絶な投手戦を演じた。序盤、畳み掛けるマッスルジムに先取点を奪われ、ゲームの主導権を与えたかに思われたが、中盤以降、落ち着いて同点、勝ち越し、繋ぎの野球でスコア5-2で逆転勝ちを飾った。

久保投手は2試合に登板し力投2試合を通じて、ヒットエンドランを積極的に仕掛けていくなど、人数が少ないながらも自分たちの野球を貫き、攻めに徹した。圧巻は2試合をほぼ投げ抜いた久保大輝投手。

「気持ちで投げ抜きました」千葉経大付属高出身の23歳はNaughtyの投手6本柱の一角。シーズンを戦っていく中で、どうしても人数が思うように揃わない日が人あるのもクラブチームの宿命だがハートでカヴァーした。

「タフな2試合になりました。今日は大輝(久保投手)の粘投に尽きますね」
プレイングマネージャーとして奮い初戦で決勝のタイムリーを放った齋藤竣GMが若きサウスポーの力投を絶賛した。

スラッガーの藤崎選手は要注意有能な選手が多くこの日も人数が少ないながらも、関西独立リーグ・兵庫ブルーサンダースで奮ったスラッガーの藤崎剛輝選手(青山学院高-東洋大)らでクリーンナップを形成したが、繋ぎの姿勢を貫きサインプレイも果敢に試していった。Naughtyは派手なラインナップとは裏腹に緻密さを兼ね備える。一度の活動を大事にしている。内容重視できっちり取り組んでいた。

「初戦の大泉フェニックスさん、決勝のマッスルジムさんと特別部にいても遜色ない好チームでした。ダブルヘッダーは良い機会になりました。」 齋藤竣GMとナインが夕暮れの滝が原をあとにした。

1デイトーナメントを制したNaughtyはPF王者・Snugsへの挑戦権を得た。
「勝ってPF王者に就きたい。10度の防衛はNaughtyが最初に達成したい」ナインは意気込んでいる。

「何度か対戦している」という両者ではあるが、ピースファイルタイトルマッチという”一発勝負”での激突もまた独特の緊張感に包まれる。たかが一戦にこめられた両雄の魂のバトルに期待したい。

なお決勝戦で敗れはしたが、準優勝のマッスルジムは相変わらず選手個々の能力が高くNaughtyを最後まで苦しめた。決勝で登板した島津 祐真選手(浦和学院-東洋大)や京屋陽選手(二松学舎-亜
細亜大)はAAA高校日本代表にも名を連ねた逸材で、チームの中心選手。その他強豪私学出身者も多く揃えまとめる矢吹次郎監督も大変な立場だが、特別部でも充分通用する好素質を束ね今後も豪快にリーグタイトルを奪いに行きたい。

大泉フェニックス、RED CAVE福生も持ち味は出した。特に大泉フェニックスは和泉達也投手が好投。Naughty打線に真っ向から立ち向かい最終回、打線の同点劇を経て延長サドンデスに持ち込んだ。SWBCJAPANで活躍する坂本投手の登板はなかったが豊富な投手陣をそ揃え、堅守のフェニックスを強烈にアピールした。昨年1部決勝で奇跡の特大アーチを放ち一躍全国にその名を轟かせた吉田一塁手はこの日はド派手な活躍はなかったもののムードメーカー兼主砲としてやはりチームを盛り上げた。

REDCAVE福生は連盟大会の合間を縫って参戦。攻守に自分たちの野球をさせてもらえなかったが「状態は上向いている。Thank you」とショーン監督。メンバーにはマイナーリーグで奮ったプ
レイヤーもいるし好素材が揃う。チームとして完成度を高め、次回はリベンジしたい。

☆ピースファイル-全国軟式野球交流試合-
http://www.baseball.gr.jp/peace-file/

【開催前】注目のNaughty参戦 へ!齋藤峻亮GMインタビュー

[大人気]こちらの記事はフェイスブックページでも 閲覧・シェアしていただけます
 

ストロングリーグ公式フェイスブックページ ストロングリーグ公式動画 <YouTube公式パートナー動画>

【参加受付中】ストロングリーグ2015年大会

【特割】プロスタダブルチャレンジ!「ストロングカップ2015(秋)」加盟チーム受付!

夏季選抜交流トーナメント SS2015東日本