ストロングリーグ2015 15周年記念大会

 

ストロングリーグ2015 -15周年記念大会-

 
 

ストロングリーグ

ストロングリーグ最新情報と野球ネタです | 全国軟式野球ストロングリーグ草野球大会
 

 

全国軟式野球統一王座決定戦 ジャパンカップ2015

ストロングカップ2015(春)関東・関西 -15周年記念大会- ストロングカップ2015(秋)関東・関西 -15周年記念大会- SCチャンピオンシップ エアロックカップ2015 関東・関西 SummerSuspicion2015 東日本
甲子園直結型・甲子園カップ2015西日本オープントーナメント[関西・東海] 西武ドーム直結型トーナメント!ストロングスポーツカップ2015東日本[関東][東北] ストロングカップ2015北海道 ストロングカップ2015平日 SWBCJAPAN-クラブ軟式野球日本代表-

 

 
[超早割キャンペーン] ストロングリーグ2015 15周年記念大会
ストロングニュース|全国軟式野球ストロングリーグ

★【エアロックカップ2015】延長10回激闘!GCアスレチックス(埼玉)が優勝!

2015/10/19

★【エアロックカップ2015】延長10回激闘!GCアスレチックス(埼玉)が優勝飾る!東京バンバータ(東京)は準優勝![1-0]関東日曜|GCアスレは最上最多9度目のジャパンカップ進出|2年ぶりの甲子園目指す

★【エアロックカップ2015】延長10回激闘!GCアスレチックス(埼玉)が優勝飾る!東京バンバータ(東京)は準優勝![1-0]関東日曜|GCアスレは最上最多9度目のジャパンカップ進出|2年ぶりの甲子園目指す
 
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
東京バンバータ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
GCアスレ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1× 1


遠かった本塁― 激闘の末
9イニングを戦って決着が着かず。延長10回、サドンデスにてGCアスレチックス(埼玉)が東京バンバータ(東京)に1-0でサヨナラ勝ち。エアロックカップ2015関東日曜大会を制し、4年連続9度目のジャパンカップ出場を決めた。
東京バンバータ:藤本投手、亀谷投手、GCアスレ:兎澤投手、松本投手が登板するという総力戦。永遠のゼロに終止符を打ったのは、GCアスレチックスだった。

言わずと知れた強豪クラブ同士による決勝戦は多くの軟式野球ファンの注目を集めた。東京バンバータは前回覇者で、昨年のジャパンカップ全国優勝チーム。GCアスレチックスは一昨年のジャパンカップ全国優勝チーム。まるでジャパンカップ東日本ファイナルのような好カードだ。

決戦は、前週雨天中止により、10月18日、大宮健保グラウンドにて決戦の幕が切って落とされた。

全国軟式野球 ストロングリーグ 草野球大会試合結果

エアロックカップ2015 関東日曜 決勝戦(10.18 大宮健保)
└ 東京バンバータ 0-1
× GCアスレチックス [延長10回]

GCアスレチックス兎澤投手、東京バンバータ藤本投手の先発で試合開始。
1回表の東京バンバータは先頭の広ア選手がいきなり内野安打で出塁するが、牽制死となって無得点に終わる。1回裏のGCアスレチックスは一死から川島選手の内野安打と送球暴投で二塁へ進む。

しかし後続が倒れて無得点に終わる。その後は投手戦となって中盤に進む。東京バンバータ藤本投手は6回被安打2本とまとめて、7回から亀谷投手に継投。GCアスレチックス兎澤投手も8回被安打1本にまとめて、9回から松本投手に継投に入る。両軍9回で決着がつかずに延長10回より一死満塁形式のサドンデスに突入。

10回表の東京バンバータは4番長尾選手から始まる好打順も遊ゴロと三振で無得点に終わる。10回裏のGCアスレチックスは6番久保川選手から始まる打順。ここで3球目が久保川選手の頭部に当たる死球となり、GCアスレチックスが押し出しでサヨナラ勝ちとなった。

互いにとって、あまりに遠かった本塁奪取。1球が明暗を分けることとなったが、互いに一歩も譲らず攻めの姿勢を貫いた。ジャパンカップ2015加盟・ストロングリーグ主催大会最終戦を力の限り激闘した両チームベンチへ心からの拍手を送りたい。

ドラマも潜んだ。GCアスレチックスのマウンドは、松本、角野投手いずれかの先発が予想されたが、岡野勇士監督がマウンドに送り込んだのは、近年抑えの切り札として登板機会の多いベテランの兎澤投手だった。40歳超のアンダースローだ。奇襲か、ロマンか..

思えば昨秋、ジャパンカップでは東日本準決勝で東京バンバータの前に敗れ連覇の夢絶たれたGCアスレチックス。その最後のマウンドに立っていたのが兎澤投手だった。まるであの試合の続きを再開するかの如く、東京バンバータ戦のスターターを任された。9回からは松本投手にリレーした。今夏、SS決勝で満塁ホームラン1本に泣いた若き先発の柱である。驚愕の采配だ。4年前のSS初優勝時にも、ストロングリーグ初参戦年(2003)に先発した兎澤投手をシリーズ初の優勝投手にとサプライズ起用していることから、このドラマチックな投手起用は岡野監督の意地かもしれない。

一方、敗れはしたがリーグチャンピオンチームとしてSC特別部ベスト4、エアロックカップ2015準優勝と優勝争いを演じた東京バンバータの健闘も称えたい。
前回覇者として、最後まで、恥ずかしい取り組みは1つもしなかったし、チームは前進し続けている。JSBBでは東京都1部にて春季大会でベスト4進出を果たした上、強豪企業がひしめく中、年間総合5位に入賞するなど、もはやクラブチームの限界を超えつつある。
実力もさることながら、いい時も悪いときも、出来ることを全うする真面目さ。その姿勢は多くのライバルが感銘を受け共に目指したシーズンだった。2016年大会、東京バンバータがリーグ史上初の"王座奪還"の道を歩み、極める。
 


全国軟式野球 ストロングリーグ 草野球大会談話 岡野勇士監督

「東京バンバータ様とこのような好試合をさせてもらい感謝します。まだまだ実力はうちが劣っています。ジャパンカップでも簡単には勝たせてもらえないと思いますが、エアロック代表チームとして簡単には負けられないという思いもあります。チャレンジャーの気持ちで喰らいついていきたいです」 岡野勇士監督とナインは今一度気を引き締めた。


全国軟式野球 ストロングリーグ 草野球大会4年連続9度目のジャパンカップ進出

4年連続のジャパンカップ進出は、史上最多となる9度目の出場。今シーズンは4連覇のかかったSS2015東日本決勝戦で敗れ、崖っぷちの状態で残されたエアロックカップを勝ち進んだ。最後は気持ちだった。初のエアロックカップ関東日曜制覇は嬉しい。ましてえ前回覇者であり全国王者の東京バンバータと好ゲームを展開しての制覇だ。

ヤンキース、REDHILL、TABOO、Y.Sクラブ、そして昨年の東京バンバータ.. と、多くのジャパンカップ全国優勝チームを輩出してきたエアロックカップ関東日曜大会。エアロック最強説は止まない。GCアスレチックスがエアロックカップ2015関東日曜代表として、ジャパンカップ2015に出場する。初戦の相手は東京審判協会杯代表チーム。今年も東京ドナルドダックら強豪が進出して来る見込みだ。

2年ぶり2度目の全国優勝なるか。「うちはピッチャー次第ですね」岡野監督の考え方は変わらない。豪快に打ち勝つつもりなどない。いや、できない.. そう思ってる。投手陣は、角野、松本、兎澤、篠崎。誰でもいける。いつでも準備している。

2年前、聖地甲子園に辿り着き優勝を飾った岡野監督は目頭をあつくさせた。30年前描いた甲子園の夢を、軟式野球の世界で、それも指導者として叶えることができる日が来るとは思ってもいなかった。

「(2年前)一緒に行けなかった者もいますし、新しいメンバーもいますから、このメンバーでもう一度立ちたいですね。あの大舞台に..」 岡野監督は静かにグラウンドをあとにした。

写真提供・(株)グリーンセレモニーアスレチックス

全国軟式野球 ストロングリーグ 草野球大会エアロックカップ2015
http://www.baseball.gr.jp15ac/

全国軟式野球 ストロングリーグ 草野球大会ジャパンカップ2015
http://www.baseball.gr.jp/15jc/
 

うちはピッチャーを中心に守り勝つしかない − 岡野監督インタビュー(決戦前)

[大人気]こちらの記事はフェイスブックページでも 閲覧・シェアしていただけるようになります
 

ストロングリーグ公式フェイスブックページ ストロングリーグ公式動画 <YouTube公式パートナー動画>

【参加受付中】ストロングリーグ2015年大会

【特割】プロスタダブルチャレンジ!「ストロングカップ2016(春)」加盟チーム受付!