ストロングリーグ2015 15周年記念大会

 

ストロングリーグ2015 -15周年記念大会-

 
 

ストロングリーグ

ストロングリーグ最新情報と野球ネタです | 全国軟式野球ストロングリーグ草野球大会
 

 

全国軟式野球統一王座決定戦 ジャパンカップ2015

ストロングカップ2015(春)関東・関西 -15周年記念大会- ストロングカップ2015(秋)関東・関西 -15周年記念大会- SCチャンピオンシップ エアロックカップ2015 関東・関西 SummerSuspicion2015 東日本
甲子園直結型・甲子園カップ2015西日本オープントーナメント[関西・東海] 西武ドーム直結型トーナメント!ストロングスポーツカップ2015東日本[関東][東北] ストロングカップ2015北海道 ストロングカップ2015平日 SWBCJAPAN-クラブ軟式野球日本代表-

 

 
[超早割キャンペーン] ストロングリーグ2015 15周年記念大会
ストロングニュース|全国軟式野球ストロングリーグ

SWBC JAPAN 軟式野球日本代表【SWBC】国内チャレンジマッチ第一弾!SWBCJAPAN2連勝飾る

2015/09/22

【SWBC】国内チャレンジマッチ第一弾!SWBCJAPAN2連勝飾る(VS 株式会社イトーキ様、東京ラインプリンタ印刷(株)様)|次回台湾戦、来月は国内チャレンジマッチ第二弾!<写真:初戦先発の茂木投手>

☆9月19日(土)八王子市民球場―

国内トップチームとの対戦はクラブチームに所属するメンバーにとって貴重な経験であるとともに、代表チームとして結果を求められる重要なロード。SWBCJAPANチャレンジマッチ第一弾はJSBB東京都1部で活躍中の株式会社イトーキ、東京ラインプリンタ印刷(株)を迎えおこなわれた。


全国軟式野球 ストロングリーグ 草野球大会【第1試合】SWBCJAPAN 8−2 株式会社イトーキ様

SWBCJAPAN先発 茂木投手大事な初戦はイトーキ戦。SWBCJAPAN-クラブ軟式野球日本代表-は1回表、立ち上がりを攻め2死満塁のチャンスを掴むが得点ならず。

SWBCJAPANの先発マウンドはトライアウトを経て今春、2年ぶりに代表に復帰した茂木。1回裏は先頭打者にヒットを許すが後続を抑え無失点。初回は両チーム無難な立ち上がり。

SWBCJAPANリリーフ 山本投手試合が動いたのは2回表、SWBCJAPAN攻撃。先頭の7番宮代がレフト線を破る2塁打で出塁すると、8番坂東のフライをレフトが落球する隙にホームを落とし入れ1点を先制する。

さらに1番前沢の3塁打、2番黒木の安打、4番五十嵐の安打で3点を追加し4−0としたSWBCJAPANは、なおも2死23塁のチャンスにで、6番金子がレフト柵越えのスリーランホームランを放ち、集中打でこの回一挙7点を奪取する。

8回には3番若佐のダメ押しタイムリーで8点目を奪ったSWBCJAPAN。守っては、茂木、山本の継投で相手打線を2点に抑えスコア8−2で勝利を飾った。
 


全国軟式野球 ストロングリーグ 草野球大会【第2試合】SWBCJAPAN 2−0 東京ラインプリンタ(株)様

SWBCJAPAN先発 前沢投手午後からおこなわれた第二戦は東京ラインプリンタ印刷戦。SWBCJAPAN先発マウンドは前沢。初回からリーグ最速タイとなる急速145キロを連発し持ち味を発揮し四球で出塁を許しながらも要所を抑える。

試合が動いたのは0−0で迎えた4回表、SWBCJAPANの攻撃。この回先頭の3番宮代がライト線へ2塁打を放ち出塁すると、前の試合で策越え本塁打の4番金子がしぶとく内野安打、5番前沢の内野ゴロが野選とな る。
SWBCJAPANリリーフ 坂本投手
無死満塁と絶好の先制チャンスを迎えると、ここで6番坂東がライトへ2点タイムリーヒットを放ちSWBCJAPANが待望の先制点を奪う。

この2点を先発前沢が5回、継投した坂本が4回を無安打リレーで守り切り、SWBCJPANAが2−0での勝利した。

SWBCJAPANはチャレンジマッチ第1弾を2戦2勝した。
 


全国軟式野球 ストロングリーグ 草野球大会
談話

SWBC JAPAN 軟式野球日本代表SWBCJAPAN 岡野 勇士督

「両チーム様にはありがとうございました。我々が多くの経験を積ませていただいた試合です。細かいプレイなどまだまだ課題もありますが、投手陣がよく踏ん張れましたし、チームとしての戦術を意識した攻撃で2勝を挙げることができたことは大きいです。2試合を戦い抜いたことは自信にもなると思います。活動ごとにチームワークは高まってきていますしいい雰囲気です。台湾戦、来月の企業チーム様戦と厳しい試合が続きますが精度をあげていきたいですね」
 

全国軟式野球 ストロングリーグ 草野球大会次回は台湾戦、来月はチャレンジマッチ第2弾

チャレンジマッチ第一弾を戦い抜いたナイン(SWBCJAPAN)SWBCJAPANは7月の強化試合で日本航空電子工業(株)に5−6敗戦のあと8月のSWBC U.S.A、9月のチャレンジマッチで勝利を重ね3連勝となった。

次回、9月27日には来日するSWBC TAIWAN-tainan rockers-との国際試合が予定されているほか、10月10日にはチャレンジマッチ第2弾を控え、真価問われる秋を迎える。


全国軟式野球 ストロングリーグ 草野球大会御礼
 
株式会社イトーキ様、東京ラインプリンタ(株)様、シーズンのお忙しい時期にも関わらず大変貴重なご対戦機会をいただき誠にありがとうございました。今後とも宜しくお願い申し上げます。

SWBC JAPAN 軟式野球日本代表SWBCJAPAN-クラブ軟式野球日本代表-
http://www.baseball.gr.jp/swbc/

SWBCJAPAN VS イトーキ様(第一試合)

SWBCJAPAN金子選手3ランホームラン(第一試合)

[大人気]こちらの記事はフェイスブックページでも 閲覧・シェアしていただけます
 

ストロングリーグ公式フェイスブックページ ストロングリーグ公式動画 <YouTube公式パートナー動画>

【参加受付中】ストロングリーグ2015年大会

【特割】プロスタダブルチャレンジ!「ストロングカップ2015(秋)」加盟チーム受付!

夏季選抜交流トーナメント SS2015東日本