ストロングリーグ2015 15周年記念大会

 

ストロングリーグ2015 -15周年記念大会-

 
 

ストロングリーグ

ストロングリーグ最新情報と野球ネタです | 全国軟式野球ストロングリーグ草野球大会
 

 

ストロングカップ2015(春)関東・関西 -15周年記念大会-

ストロングカップ2014(秋) エアロックカップ2015 関東・関西 SummerSuspicion2015 東日本 西武ドーム直結型トーナメント!ストロングスポーツカップ2015東日本[関東][東北]
甲子園直結型・甲子園カップ2015西日本オープントーナメント[関西・東海] ストロングカップ2015北海道 ストロングカップ2015平日 オープン戦 2015 ジャパンカップ2015

 

 
[超早割キャンペーン] ストロングリーグ2015 15周年記念大会
ストロングニュース|全国軟式野球ストロングリーグ

全国軟式野球 ストロングリーグ 草野球大会【ストロングカップ2015(春)】特別部:マミーズが北村投手粘投で首位攻防戦制す

2015/06/12

粘りのピッチングで開幕3連勝に貢献したエース北村投手(マミーズ)

★【ストロングカップ2015(春)】特別部:マミーズが首位攻防戦制す|マミーズ北村投手、東京ドナルドダック大竹投手の壮絶投げ合い|決勝打は高月選手の特大三塁打

特別部
京浜Aブロックは、首位攻防戦 ―
2戦2勝の
マミーズ東京ドナルドダックが単独首位の座をかけ6月7日、下高井戸運動場にて対戦した。


試合結果 マミーズ 3-2 東京ドナルドダック ストロングカップ2015(春) 関東・特別部:京浜Aブロック

東京ドナルドダックの先発大竹投手ゲームは、まず先手を打ったのはマミーズ。東京ドナルドダックの先発大竹投手から、4回裏一死後伊藤選手が左中間を破るスタンディングツーベースで出塁。

続く竹尾(圭)選手が死球で続いた好機に、竹尾(健)選手が絶妙な打球を転がし、三塁手の悪送球の間に1-0とする。

5回裏にもマミーズは二死後1・2塁で、こんどは高月選手が左翼越えのスタンディングスリーベースで追加点を挙げ3-0とする。
マミーズ高月選手の決勝打
しかしドナルドダックも6回表、SWBCJAPANでも活躍した先頭の児島選手が気迫の死球を選ぶと、菊谷選手が中前安打で無死1・2塁。

一死後四番坂内選手が左前適時打を放ち1点を返す。続く二死満塁のチャンスに椚選手が一塁手の横を抜く適時打でさらに1点を返し、スコア3-2とする。

なおも続く満塁のチャンスに先発の大竹選手。ここでマミーズの北村投手がギアを一東京ドナルドダック・坂内選手のレフト前タイムリー段上げ、気迫の空振り三振を奪う。7回表も北村投手が三者凡退に抑えスコア3-2でマミーズが勝利。北村投手完投でマミーズが開幕3連勝を飾り単独首位に躍り出た。

同ブロックは混戦。首位のマミーズを1敗で東京ドナルドダック、(株)ミックコーポレーションがつける。

これをドリームスターズ、東京富沢クラブ、東ブロちむにぃーが追う展開。1敗のドナルド、ミックの直接対決は決勝トーナメント進出の行方を占う重要なゲームとなりそうだ。


2度の特別部覇者:マミーズ

マミーズと言えば、2013年大会で達成した伝説の特別部2連覇―

"チーム一丸"を掲げるマミーズ2013年、マミーズは、ストロングリーグ参戦13年目にして、春秋連続優勝を達成。翌2014年春には準優勝と近年大混戦の特別部の中でも圧倒的な成績を誇る(東京都杉並区)。

マミーズは1980年代結成の歴史あるクラブ。杉並区を代表し東京都軟式野球連盟1部大会に出場すること約40回。
近年、トップ企業チームとの好勝負を演じるようになったクラブチームだが、マミーズの30年余に及ぶ貢献度は高い。
マミーズ・ベテラン竹尾兄選手と藤村選手
この日、得点に絡んでいった竹尾兄弟のほか、エース北村投手、日高兄弟、藤村選手、井出選手、甲子園経験者である丸橋選手らマミーズ野球の継承者とも言える30代のベテラン勢が奮闘している。一方、同じくこの日、先制タイムリーを放った伊藤選手、決勝打の高月選手のほか、高井選手ら20代の若い才能がいよいよ芽を伸ばしつつある。

なにしろ、伊藤選手は盛岡大付属で甲子園出場経験を持つ。高月選手は九州共立大マミーズ日高監督時代に大瀬良選手(現カープ)とバッテリーを組み、大学選手権でベスト4進出の好素質。高井選手は東海大で菅野(現ジャイアンツ)の同期で、明治神宮野球大会で斎藤・福井・大石氏率いる早大と決勝戦を戦ったキャリアを搭載する。

マミーズは、ストロングリーグの舞台では毎年V候補に挙げられながらファイナルの壁に何度も跳ね返されてきた。だが2001年の初参戦から実に13年をかけて、2013年春、最高峰・特別部を初優勝、さらには次回大会を制し2連覇を達成したことで、壁をぶち破った。

前人未到の特別部3連覇こそ逃したが2014年春大会においても総合準優勝を達成し、改めて強豪ぶりを印象付けている。

今大会を制すれば史上最多3度目のSC優勝となる。
2連覇達成時、日高監督は「マミーズの野球とは何か」を問われ、次のように返答している。

「一戦一戦、1イニング1イニング。1球1球を大切に、一生懸命プレイすること。それだけです。」

我々は感づいていた。
それが一番難しいということを..
 

全国軟式野球 ストロングリーグ 草野球大会ストロングカップ2015(春)
http://www.baseball.gr.jp/15sc/

マミーズ 東京ドナルドダック
   
「マミーズ VS 東京ドナルドダック」アルバムはこちら

[大人気]こちらの記事はフェイスブックページでも 閲覧・シェアしていただけます
 

ストロングリーグ公式フェイスブックページ ストロングリーグ公式動画 <YouTube公式パートナー動画>

プロスタダブルチャレンジ!ストロングカップ2015(秋)関東・関西 15周年・第25回記念大会

関東・東北限定!ストロングスポーツカップ2015 トーナメント!

【特割】甲子園直結型トーナメント!甲子園カップ2014西日本オープン-関西・東海-

夏季選抜交流トーナメント SS2015東日本

ストロングカップ2015(春)関東・関西