ストロングリーグ2015 15周年記念大会

 

ストロングリーグ2015 -15周年記念大会-

 
 

ストロングリーグ

ストロングリーグ最新情報と野球ネタです | 全国軟式野球ストロングリーグ草野球大会
 

 

ストロングカップ2015(春)関東・関西 -15周年記念大会-

ストロングカップ2014(秋) エアロックカップ2015 関東・関西 SummerSuspicion2015 東日本 西武ドーム直結型トーナメント!ストロングスポーツカップ2015東日本[関東][東北]
甲子園直結型・甲子園カップ2015西日本オープントーナメント[関西・東海] ストロングカップ2015北海道 ストロングカップ2015平日 オープン戦 2015 ジャパンカップ2015

 

 
ストロングニュース|全国軟式野球ストロングリーグ

ストロングリーグ

結成20年、GYOSEI(東京)がSC開幕2連勝/SC1

2015/05/12

★結成20年の高校OBチーム『GYOSEI』(東京)が2連勝飾る―ストロングカップ2015(春)関東日曜1部

チーム結成20年。節目のシーズンを迎えている
GYOSEI(東京)がストロングカップ関東日曜1部大会で開幕2連勝を飾り幸先の良いスタートを切った。

結成20年、GYOSEIは常に全力だGYOSEIといえば、同じ中学・高校の野球部OBが集まり1996年に結成されたクラブで、歴史あるチーム。

「学生時代と同様にチーム一丸となって勝利を目指しています」佐藤投手兼GM(写真)の言葉通り、メンバーは毎週末集まって、年間約30試合ほどをおこなっている。

結成当初から大規模なオープン大会で優勝、上位入賞を経験しており、強豪GYOSEIの名は早くから関東に広く浸透していた。

ストロングリーグには2003年の初参戦から特別部に所属し上位を競った。

彼らが1部に降格した際は首都圏が目を疑った。翌シーズン、特別部にノミネートしても受理されただろう。だが、GYOSEIの選択は違った。1部参戦を決心したのだ。
1部大会を制し、特別部に復帰してみせようという謙虚さとチャレンジ精神こそがチームGYOSEIのプライドかもしれない。

野球への情熱や向上心は、結成20年を迎えても決して衰えることはない。昨年末、佐藤GMらGYOSEIメンバーはリーグ初のベースボールクリニックにも参戦した。

迎えたリーグ初戦はCHUYANSとの対戦となった。CHUYANSは1部総合優勝経験を持ち特別部でも奮った強豪だ。ゲームは1回裏に、GYOSEI佐藤選手のタイムリーなどで4点を先制する。2回表にはCHUYANSが連打と内野ゴロの間に3点を返すも、その後、GYOSEIは長嶋選手の本塁打などで追加点をあげ、10-3で勝利を飾った。

リーグ第二戦は初出場のアウトリガーズと対戦。1回裏、GYOSEIは死球で先頭打者が出塁し、ワイルドピッチの間に先制する。2回裏には5四死球とエラーなどで一挙5点を追加する。3回表アウトリガーズは先頭の小森選手が内野安打で出塁し、佐久間先週の左中間をやぶる三塁打などで3点を返す。3回裏GYOSEIの攻撃は四死球に佐藤選手の三塁打などを絡めて一挙10点を上げる。4回表を今村投手が抑えたところで時間切れ。スコア16-3で勝利。GYOSEIが、2試合連続2桁得点の猛攻をみせSC開幕2連勝を飾った。

武磨;箕輪投手 MVPに輝く ジャパンカップ2008全国大会GYOSEIがこのまま連勝街道を突っ走り、決勝トーナメントへと駒を進めるのだろうか。

所属のBブロックは、強豪揃い。前述のCHUYANSは1部総合優勝経験者でジャパンカップ1部東日本でBEST8入賞経験者だし、天晴-appare-は前回まで特別部に所属した強豪。
今季よりSC復帰の栗田工業野球部は新宿区1部所属のキャリア戦士で、SC初参戦の津嶋倶楽部もまたオープン大会で実績のある古豪。互いにとって、簡単にはいかない相手が揃い終盤まで星の奪い合いが展開される様相だ。

ところでSC1部優勝チームは、ジャパンカップ1部に進出する。特別部チャンピオンを差し置いて、同クラスからジャパンカップ全国制覇を達成した者はいるのか?

いる。2008年にSC1部代表チームとして挑んだ
武磨(ブーマ)が明治神宮野球場にて、ジャパンカップ2008-1部全国大会を優勝している。その年の特別部覇者はあのTEAM ByBLOSで、準決勝での関東SC対決を制した武磨が決勝で関西代表チームにも勝利し頂点に立った。

2年ぶりのSC制覇を狙うナック(大阪)関西ではナック(大阪)が2年ぶりVに燃えている。JAPAN BOYS戦に続き、マルナカスターズに勝利し開幕2連勝を達成した。

ナックはストロングカップ2013(春)関西日曜大会覇者。同年、全国優勝候補として圧倒的な注目を浴びたが、ジャパンカップ西日本で敗退し、甲子園カップ全国大会進出を逃している。

小林公園野球場でおこなわれたリーグ第二戦。ナックは初回に連続四球などで無死一二塁から毛利選手の犠打失策で先制し、山下選手の内野ゴロの間と敵失などで合計4点を取る。四回には二死から毛利選手が内野安打と敵失で出塁すると、山下選手の左前適時打で追加した。投げては阪本投手、山下投手の継投で、相手打線を2安打無失点に抑えスコア5-0で勝利した。

開幕2連勝となったが、同ブロック
は強豪揃い。エアロックカップ2013関西日曜大会覇者のRedOcean、SC復帰のV GAMBLERSとの対戦を残している。ナックは全勝1位での決勝トーナメント進出、総合優勝を目指す。2年ぶりV達成の瞬間まで、攻撃の手を緩めることはない。

全国軟式野球 ストロングリーグ 草野球大会ストロングカップ2015(春)
http://www.baseball.gr.jp/15sc/

[大人気]こちらの記事はフェイスブックページでも 閲覧・シェアしていただけます
 

ストロングリーグ公式フェイスブックページ ストロングリーグ公式動画 <YouTube公式パートナー動画>

関東・東北限定!ストロングスポーツカップ2015 トーナメント!

【特割】甲子園直結型トーナメント!甲子園カップ2014西日本オープン-関西・東海-

夏季選抜交流トーナメント SS2015東日本

ストロングカップ2015(春)関東・関西