ストロングリーグ2015 15周年記念大会

 

ストロングリーグ2015 -15周年記念大会-

 
 

ストロングリーグ

ストロングリーグ最新情報と野球ネタです | 全国軟式野球ストロングリーグ草野球大会
 

 

ストロングカップ2015(春) エアロックカップ2015 ストロングカップ2015北海道

 

 
ストロングニュース|全国軟式野球ストロングリーグ

ストロングリーグ

【エアロック2015】BIG☆B(千葉)、ナック(大阪)ら初戦突破

2015/04/30

BIG☆B(千葉) 残すタイトルはストロングリーグだ!

開幕!初戦突破は、【関東】BIG☆B(千葉)、萩中サンダース(東京)、Snugs(神奈川)、博多エレメンツ(東京)、ROOKIES(東京) 【関西】ナック(大阪)、SENSHU CLUB(兵庫)、信長(大阪)、大阪たぎりフレンズ(大阪)、RedOcean(大阪)、インフィニート(大阪)!

難関・エアロックカップ ― この大会からTABOO(埼玉)、東京バンバータ(東京)といった全国チャンピオンが誕生し、聖地・甲子園に舞った。過去にはジャパンカップ全国大会連覇のヤンキース(東京)、Y.Sクラブ(神奈川)を輩出している点からも序盤から目を離せない。

数々のタイトルを奪取してきたBIG☆B 残すオープンは、ストロングリーグだ!関東土曜大会はBIG☆Bが1回戦に登場し、SC土曜1部優勝、ジャパンカップ出場経験のあるHustle Japanを下し2回戦進出を決めた。マルハンドリームカップほか数々の全国優勝タイトルを奪取してきたBIG☆B。残すオープン大会は、ストロングリーグだ!

ゲームは、先攻Big☆B、後攻Hustle Japanでプレイボール。5回まで投手戦が展開され、両チーム無得点。試合が動いたのは6回、BIG☆Bは先頭の細井選手が四球で出塁すると、続く酒井選手がゲッツー崩れと相手のミスが絡み、1死2塁とする。福山選手が1塁ゴロを打ちランナーが進塁し、2死3塁となる。

ここで打席には植手選手。四球を選ぶと、盗塁を決め2死2塁3塁とする。続く東選手が振り抜いた打球は、レフトオーバーのタイムリー2塁打となり、BIG☆Bが待望の先取点を挙げる。6回、7回を中須投手が抑え2-0でゲームセット。1チャンスを得点に繋げたBIG☆Bが初戦を突破した。
BIG☆Bは次回、ろう大会全国優勝の経験がありSC特別部でも上位を張った湘南ヤンキースと対戦する。

BIG☆BBIG☆B一昨年はエアロックカップ準優勝、昨年はSS2015準優勝と文句なしの成績を収めているが、マルハンドリームカップ全国優勝、高松宮賜杯1部千葉県代表の実績からすれば、そろそろストロングで初タイトルを掴みジャパンカップで甲子園に進出しておかしくない逸材。地元流山市の中学時の同期らを中心に結成し、メンバー中、高校時代甲子園に出場した部員は皆無。「スター選手はいないがチーム力でカバーしてきた」というタイプに属する。

監督の真通氏は高校最後の夏、千葉県大会準優勝で、あと一歩のところで甲子園の道が途絶えた経験を持つ。あれから十数年経つが、野球への情熱は変わらない。むしろあの夏と同じくらい、ナインと悔しい思いを味わい、喜びも重ねてきた。悔しい思いのほうが多いかもしれない。けどみんな、あのときに負けないくらい輝いている。
野球人生のすべては甲子園に限らないことを知る男たちが、目指す頂こそ甲子園だ。

関東日曜大会では
萩中サンダースSnugs博多ELEMENTS、、ROOKIESの4チームが1回戦に登場しそれぞれ初戦を突破した。

Snugs
ストロングカップ特別部、ストロングスポーツカップの優勝経験を持ち、次はエアロック初制覇に燃えている。昨年、SC2部で優勝し、ジャパンカップ2部でも関東準優勝と検討したマッスルジムと注目の初対決。
ゲームは、
先攻マッスルジム、後攻Snugsで試合開始。初回Snugsは1番山口(大)が四球で出塁し、パスボール等で三塁まで進み、2番大桃の内野ゴロの間にホームに還り一点先制。すると二回にマッスルジムは4番のホームランで一点返し同点。その後両投手の好投が続き無得点が続くが、6回裏にSnugsは相手のエラーで一点勝ち越しする。7回表を先発山本投手がしっかり抑え完投勝利。2-1でSnugsの勝利。

萩中サンダースはリーグ復帰初戦。ジャパンカップ東日本ベスト8入賞経験者の風神エアーズに勝利した。細尾選手の内野ゴロや平澤選手の長打などで5点を先制し試合を優位に進めると、5回、7回にも追加点を挙げ、7得点。相澤投手が打たせて取る投球で3安打完封勝利を挙げ2回戦進出。大田区1部でも初優勝を飾るなど今春絶好調の萩中サンダースは次回、前回覇者で全国チャンピオンの
東京バンバータと対戦する。天王山、此れ越えてくればたちまち優勝候補筆頭だ。

博多エレメンツ博多ELEMENTSSprout Starsに4-1、ROOKIESRed Cave 福生に4-1と投打が噛み合いそれぞれ初戦を突破を果たした。博多ELEMENTSは次回、前回準優勝の
スタイガーと対戦。ROOKIESは次回、一昨年の全国優勝チーム・GCアスレチックスと対戦する。いずれも「超」のつく強豪相手となるが、近年ストロングリーグは若手チームの成長が目覚ましく、充分に一発が発生し得る。中でも博多ELEMENTSは投手陣を中心に伸び白の宝庫。個人技に注意が必要だ。

関西日曜大会で
ナックSENSHU CLUB信長大阪たぎりフレンズRedOceanの強豪5チームが1回戦に登場しいずれも投手陣の粘投で2回戦進出を決めた。

ナックベースボールチーム(大阪)一昨年のストロングカップ覇者であるナック4月26日(日)小林公園野球場で初戦を迎えた。初出場のRAT’Sと対戦し、継投策で逆転勝ちを納めている。

ゲームは、ナックの先発の山下投手は初回に適時打で1点を先制されるが、その裏すぐに一死から毛利選手が中前安打で出塁し盗塁に成功。ここで阪本の左線適時打が生まれ1-1同点に追いつく。

三回には、一死三塁から山下選手の内野ゴロの間に1点を奪い2-1勝ち越し。さらに四回、ナックは伊藤選手が左越二塁打で出塁すると、吉川晃選手の犠打の間に好走塁で一気に本塁まで生還し3-1。投げては山下投手、池宮城投手の継投で相手打線を3安打1失点に抑えた。池宮城投手はストロングカップ優勝にも貢献した逸材。その他、宇都宮投手ら好投手が控え過酷なエアロック関西大会を戦い抜くだけの準備は整っている。

祝!優勝 SENSHU CLUB(兵庫)「今年こそ」の思いで望むSENSHU CLUBも逆転勝ち。FRIENDZ(フレンズ)に先取点を奪われたが、その後追いつき最後は1チャンスに叩いて逆転に成功し2-1で辛くも勝利を飾った。昨年の甲子園カップ西日本オープンで初出場初優勝し、満を持してエアロックに降臨した信長JAPAN BOYSと対戦し小坂選手、村林選手のタイムリーと内田選手のスリーラン。5回には島谷選手のツーランが飛び出し8安打7得点の猛攻。投げては先発松浦良投手が5回ノーヒットピッチングで小坂投手につないでグランプリチームの貫禄で初戦突破。大阪たぎりフレンズマルナカスターズと対戦し1チャンスを活かし1-0で会心の勝利を飾った。

大阪たぎりフレンズはストロングカップでも僅差完封勝ちを挙げておりこの春絶好調。一昨年の覇者であるRedOceanOUTLAWSと対戦。要所で得点を重ねスコア4-1で勝利し2回戦進出を決めた。
関西土曜では、
インフィニートがエアロック初出場初Vを目論む。昨年ストロングカップ土曜2季連続優勝を飾った逸材だ。RUSHとの対戦は1点をめぐる攻防。チーム一歩も譲らず、迎えた7回裏、インフィニートがサヨナラホームランにより劇的勝利を収めた。次回は前回覇者:ECOと対戦する。「土曜最強」を早々に証明するか。

全国軟式野球 ストロングリーグ 草野球大会エアロックカップ2015
http://www.baseball.gr.jp/15ac/

【特割】甲子園直結型トーナメント!甲子園カップ2014西日本オープン-関西・東海-

【特割】甲子園直結型トーナメント!甲子園カップ2014西日本オープン-関西・東海-

[大人気]こちらの記事はフェイスブックページでも 閲覧・シェアしていただけます
 

ストロングリーグ公式フェイスブックページ ストロングリーグ公式動画 <YouTube公式パートナー動画>

ストロングカップ2015(春)関東・関西