全国軟式野球ストロングリーグジャパンカップ -甲子園カップ-

 

ストロングリーグ2014 / 全国軟式野球ストロングリーグ 甲子園カップ

 
 

ストロングリーグ

ストロングリーグ最新情報と野球ネタです | 全国軟式野球ストロングリーグ草野球大会
 

 

目指せ甲子園カップ!ジャパンカップ2014|全国軟式野球ストロングリーグ草野球大会 ストロングカップ2014(春)|全国軟式野球ストロングリーグ草野球大会 エアロックカップ2014|全国軟式野球ストロングリーグ草野球大会 SS2014|全国軟式野球ストロングリーグ草野球大会

 

 
ストロングニュース|全国軟式野球ストロングリーグ
 

ストロングリーグ

★[甲子園カップ一番乗り]北海道代表はワイルドスターズ

2014/10/20

 

★[甲子園カップ一番乗り] 北海道代表はワイルドスターズ(江別市)|速報!ワイルドスターズ初優勝!甲子園カップへの切符をゲット!/接戦を凌ぐ!/健闘・SD-Gratesは準優勝!ストロングカップ2014北海道

★[甲子園カップ一番乗り] 北海道代表はワイルドスターズ(江別市)|速報!ワイルドスターズ初優勝!甲子園カップへの切符をゲット!/接戦を凌ぐ!/健闘・SD-Gratesは準優勝!ストロングカップ2014北海道

【新チャンピオン誕生】決着!北海道大会!10/12,19(日)の2日間に渡り、道内ブロック代表8チームによる決勝トーナメントがおこなわれ激闘が繰り広げられた。熱戦を勝ち抜いたのは初出場のワイルドスターズ(江別市)だった!最終日となった10/19には準決勝でほっかいどうステラ、決勝でSD-Gratesに対し、それぞれ1点差ゲームに持ち込み競り勝った。
 
優 勝 準優勝 第三位 第三位
★[甲子園カップ一番乗り] 北海道代表はワイルドスターズ(江別市)|速報!ワイルドスターズ初優勝!甲子園カップへの切符をゲット!/接戦を凌ぐ!/健闘・SD-Gratesは準優勝!ストロングカップ2014北海道 SD-Grates ほっかいどうステラ キムチーズ
ワイルドスターズ SD-Grates ほっかいどうステラ キムチーズ

(江別市)

(札幌市)

( 札幌市)

(札幌市)

ワイルドスターズは甲子園カップ2014出場1番乗り。同大会は12/7(日)阪神甲子園球場で開催が予定され、ワイルドスターズは北海道を代表し関東2部代表チームと激突する。ジャパンカップの関東エリア(2部)は10/26に滝が原野球場(東京都八王子市)開催され代表チームが決定する。
 

目指せ甲子園カップ!ジャパンカップ2014|全国軟式野球ストロングリーグ草野球大会

目指せ甲子園カップ!がんばれ代表チーム!
ジャパンカップ2014公式ページがオープンしました


◆準決勝A ほっかいどうステラ 1-2 ワイルドスターズ
 
初回、ほっかいどうステラが攻め二死一三塁のチャンスを作るが、百瀬選手がピッチャーゴロに倒れ得点ならず。その裏、ワイルドスターズも、四死球等から二死一二塁とし先制のチャンスを作るが加納選手がピッチャーゴロに倒れ、無得点。両チームとも主導権を握るに至らぬ立ち上がり。試合が動いたのは3回裏、ワイルドスターズの攻撃。相手失策や四球で一死満塁とすると、今江選手の内野ゴロ、ダブルプレー崩れの間に二者が生還し、待望の先制。6回、ほっかいどうステラも意地をみせ先頭の松村選手が右翼越えの三塁打、続く三上選手も左中間を破る連続三塁打で1点を返上する。しかし、ほっかいどうステラはワイルドスターズ先発の岩佐投手を攻略仕切れずスコア2-1でワイルドスターズが接戦を制す。
 
◆準決勝B キムチーズ 0-6 SD–Grates
 
SD–Gratesは2回、一死一三塁から、田中選手の左前タイムリーで1点を先制する。なおも相手失策の間に1点を追加すると、さらに山下選手の右中間を破る適時三塁打が飛び出し2点追加。3回のSD–Gratesは、一死満塁から吉田選手の内野ゴロの間に5点目を奪う。
SD–Gratesは5回にも、キムチーズ守備陣が乱れる間に6点目。SD–Grates先発の山崎投手は要所を締める投球内容で完封勝利。スコア6-0でSD-Gratesが勝利。
 
◆決勝 ワイルドスターズ 2-0 SD–Grates
 
初出場チーム同士の対戦となった決勝戦はSD–Grates北島投手、ワイルドスターズ美濃部投手の先発マウンド。初回は互いに無難な立ち上がり。2回、ワイルドスターズは先頭の加納選手が右中間を破る二塁打を放ち出塁すると、続く小林選手が犠打で走者進め、一死三塁とする。続く6番清重選手の内野ゴロの間に走者生還し、ワイルドスターズが貴重な1点を先制する。
その後は両チームディフェンス陣が要所を締めゲームはゼロ行進。7回表のワイルドスターズは先頭の今江選手が左翼越えの二塁打で出塁。三進後、小林選手の内野ゴロの間に還り、待望の追加点を挙げる。
最終回のSD–Gratesが反撃の狼煙。四死球を絡めて一死満塁とし、一発逆転サヨナラのチャンスを作る。しかし、美濃部投手を継投した岩佐投手がこのピンチをピシャリと抑えて試合終了。ワイルドスターズが、2-0勝利し、甲子園行きの切符を手に入れた。MVPはワイルドスターズ岩佐投手!
 
全国軟式野球 ストロングリーグ 草野球大会SC2014北海道
http://www.baseball.gr.jp/14hokkaido/
 
※公式ページは追って更新されます。
 
ご入賞チームの皆様、おめでとうございます。
SC北海道大会参加の20チームの皆様、1シーズン誠にありがとうございました!
来春またお会いしましょう!

[大人気]こちらの記事はフェイスブックページでも 閲覧・シェアしていただけます
 

ストロングリーグ公式フェイスブックページ ストロングリーグ公式動画 <YouTube公式パートナー動画>