全国軟式野球ストロングリーグジャパンカップ -甲子園カップ-

 

ストロングリーグ2014 / 全国軟式野球ストロングリーグ 甲子園カップ

 
 

ストロングリーグ

ストロングリーグ最新情報と野球ネタです | 全国軟式野球ストロングリーグ草野球大会
 

 

目指せ甲子園カップ!ジャパンカップ2014|全国軟式野球ストロングリーグ草野球大会 ストロングカップ2014(春)|全国軟式野球ストロングリーグ草野球大会 エアロックカップ2014|全国軟式野球ストロングリーグ草野球大会 SS2014|全国軟式野球ストロングリーグ草野球大会

 

 
ストロングニュース|全国軟式野球ストロングリーグ
 

ストロングリーグ

2冠達成!東京バンバータ優勝|SC2014(春)関東日曜特別部

2014/10/15

 

★2冠達成☆【ストロングカップ2014(春)】東京バンバータが初優勝飾る(特別部)|今季14勝無敗!エアロックと併せ2冠!3大大会制覇達成[SC/AC/SS]|

★2冠達成☆【ストロングカップ2014(春)】東京バンバータが初優勝飾る(特別部)|今季14勝無敗!エアロックと併せ2冠!3大大会制覇達成[SC/AC/SS]|マミーズは3季連続V逃すも堂々の準優勝!|突撃..ジャパンカップ!両雄が打倒アスレの最有力候補か

◆圧倒!SC特別部復帰初年―

東京バンバータ(東京)がストロングカップ2014(春)関東日曜:特別部復帰初年にして、初優勝を成し遂げた。史上初の春秋連覇を達成し、3季連続優勝のかかったマミーズを相手に本池選手、大塚選手のホームランなどで計7点を奪う猛攻。投げては今福投手、本池投手のリレーで競り勝った。

熊本監督のバースデーであったこの日、「ゼッタイに勝つ」ナインの結束は最高潮に達していた。日中のマルハンドリームカップと併せ勝利を重ね、最高の記念日を駆け抜けた。

東京バンバータはこれで今季、エアロックカップ日曜に続いて「2冠」達成。関東で、同一年にSC特別部、エアロックカップを制したのはY.Sクラブに続き2チーム目。2010年に制したSSと併せSC特別部を含むストロングリーグ3大大会制覇を成し遂げた。3大大会制覇もY.Sクラブ以来の快挙となった。

◆バンバータ今季2冠、マミーズ3季連続特別部ファイナル ―

「新しいバンバータをみて下さい」― 熊本監督は年頭、リニューアル宣言し、チームの若返りを図った。新主将に明徳義塾で1年生にして全国制覇を経験し明治大学へ進み奮ったあの梅田選手が就任したほか、新副キャプテンに、関西高(岡山)のエースで主将を務め、専修大学、JFE西日本を経て、昨年、東京バンバータに入団した新世代の本池選手が抜擢されるなどサプライズなシーズンイン。
「いつまでもベテラン勢頼っていてはいけない」メンバー全員がバンバータの一員であることを自覚しシーズンを戦っていく意識付けが大きな狙いだったが、若手・ベテランが一体となって機能する充実の2014となった。バンバータは今季ストロングリーグ「2冠」のほかマルハンドリームカップでも上部大会進出を果たすなど、快進撃を演じいよいよ成熟の時を迎えつつある。

参考:2014超注目チーム/東京バンバータ
http://www.baseball.gr.jp/14pu/tokyobanbaataa.htm

一方、敗れはしたものの史上初となる特別部2季連続優勝を達成したマミーズの大健闘も見逃せない。今季も主将でエースの北村投手を軸とした守りの野球で強豪チームとの接戦を次々と制し3季連続の決勝進出という史上初の快挙を成し遂げた。思えば初参戦の2001年から昨秋まで、常に優勝候補に推されながらあと一歩のところで星を落とし、昨秋、特別部で初優勝達成するまで13年、実に99戦を擁しており、一戦一戦にかける思いはどのチームにも負けない。「残念ながら3季連続優勝はなりませんでしたが、ジャパンカップでは代表チームの名に恥じない」日高監督が気を引き締めた。

ジャパンカップでは、史上最多出場の前回覇者・GCアスレチックス(埼玉)が2連覇を目指し参戦する。今季1冠を獲得しかつ特別部の決勝戦で凌ぎを削ったバンバータ、マミーズの両チームが、「打倒アスレ」の筆頭格であることは間違いない。

◆東京バンバータ 7-1 マミーズ

ストロングカップ2014(春)特別部|10/12(日)17:00-19:00下高井戸B

東京バンバータ今福投手、マミーズ北村投手が先発のマウンドに上がる。先行東京バンバータは、1番田中のヒットから2番本池が左中間を破る先制の本塁打を放ち2点を先制。2回には先頭の6番大塚が左翼越えの本塁打を放ち追加点、続く7番八木の左翼越えの3塁打から無死1・3塁とチャンスを広げ、9番宮崎の左中間2塁打で1点を追加。その後も効果的に得点を重ねこの回4点を追加する。3回も6番大塚のライト前ヒットから足を絡めた攻撃で、失策を誘い1点を追加する。マミーズも6回に東京バンバータの失策から1点を挙げ反撃をするが、後続を断たれる。投げては先発今福が6回を1失点の好投、最終回は本池が3人で締め、7-1で東京バンバータが勝利した。これで、エアロック2014に続き、ストロングカップ春2014も優勝し2冠を達成!



 
全国軟式野球 ストロングリーグ 草野球大会ストロングカップ2014(春)
http://www.baseball.gr.jp/14sc/

全国軟式野球 ストロングリーグ 草野球大会ジャパンカップ2014
http://www.baseball.gr.jp/14jc/

[大人気]こちらの記事はフェイスブックページでも 閲覧・シェアしていただけます
 

ストロングリーグ公式フェイスブックページ ストロングリーグ公式動画 <YouTube公式パートナー動画>