全国軟式野球ストロングリーグジャパンカップ -甲子園カップ-

 

ストロングリーグ2014 / 全国軟式野球ストロングリーグ 甲子園カップ

 
 

ストロングリーグ

ストロングリーグ最新情報と野球ネタです | 全国軟式野球ストロングリーグ草野球大会
 

 

目指せ甲子園カップ!ジャパンカップ2014|全国軟式野球ストロングリーグ草野球大会 ストロングカップ2014(春)|全国軟式野球ストロングリーグ草野球大会 エアロックカップ2014|全国軟式野球ストロングリーグ草野球大会 SS2014|全国軟式野球ストロングリーグ草野球大会

 

 
ストロングニュース|全国軟式野球ストロングリーグ
 

ストロングリーグ

【エアロック2014関西】JUWNES(愛知)、ECO(大阪)優勝

2014/08/28

 

★【エアロックカップ2014】ついに出た!東海勢初優勝!関西は、JUWNES(愛知)、ECO(大阪)が優勝飾りジャパンカップ2014出場決定!

★【エアロックカップ2014】ついに出た!東海勢初優勝!関西は、JUWNES(愛知)、ECO(大阪)が優勝飾りジャパンカップ2014出場決定!関東決勝は、日曜大会でスタイガー(東京)VS東京バンバータ(東京)、GT横浜ライオンズ(神奈川)VS REDHILL(東京)のスーパーカード!

おそるべきエアロックカップ!ヤンキース、Y.Sクラブ、REDHILL、T-Fiveと、ジャパンカップ全国優勝チームを輩出しているエアロックカップ!一発勝負にかける男たちのスピリッツに要注意だ!

全国軟式野球 ストロングリーグ 草野球大会関西は、日曜「JUWNES」(愛知)、土曜「ECO」(大阪)は優勝!ジャパンカップへ!

東西4ステージでファイナル。関西では日曜大会でJUWNESが初優勝を達成!初戦から全試合を関西地区へ遠征し、東海勢として初のリーグ公式戦優勝を飾った。同じく東海勢から参戦したSANWA SERVICETUBE、TIMEOUTといった全国区の強豪軍とともに参戦した2014年大会。「我々は遠征で構わない。東海の力をみせたい」その一心だった。同時に、ストロングリーグの頂点に立ち、東海勢の力を証明することで、レギュラーシーズンを東海地区で実現し地元の軟式野球を盛り上げていくこと、全国のチームと交流を重ねていくことも1つの目標であった。

ここで終りじゃない。今大会にかける思いは、関東、関西の代表チームに負けていない。初のジャパンカップ出場を決めたからには、関西の代表チームとの戦いを制し、なんとか甲子園カップ全国大会まで勝ち進みたい。「目指すは全国優勝。それだけです」JUWNESナインが本当の勝負に出る。

決勝戦は壮絶な展開だった。前回準優勝のギャングスタートの一戦。ギャングスターは田中投手、JUWNESは水谷投手が先発。JUWNESは初回、1番大澤選手が四球、2盗を決め1死3塁のチャンスを作るが無得点に終わる。ギャングスターは5回、1アウト満塁のチャンスを作るが、1番原田選手が1-2-3のダブルプレーに倒れ無得点。7回を終わり0対0。時間切れによりじゃんけん決着でJUWNESが勝利した。

【ジャパンカップ2014】東海勢初出場、JUWNES(愛知)投手陣に注目

関西土曜大会では、前年、ストロングカップを制し西日本代表チームとしてジャパンカップ西日本を勝ち抜き、甲子園カップ全国大会に進出したECOが、今季大本命としてピックアップされたSENSHUCLUBを7-0で下し、シリーズ初優勝。見事2年連続でジャパンカップ進出を決めた。ジャパンカップ経由で甲子園を経験している大柄根監督は、あの戦いの、あの聖地の熱さを知っている。昨秋は、全国優勝のGCアスレチックス(埼玉)と全国大会準決勝で対戦し敗れはしたものの1度はリードするなど互角に渡り合った。「今年こそ」の思いでナイン一同が頂点を目指す。
 


土曜決勝 9/6() 19:00 ドカベン GT横浜ライオンズ VS RED HILL
日曜決勝 9/28() 19:00 ドカベン スタイガー VS 東京バンバータ
関西 土曜決勝 8/23() 15:30 桜ノ宮 優勝 ECO 5-3 準優勝 SENSHU CLUB
日曜決勝 8/17() 15:00 企業G 優勝 JUWNES 0-0 準優勝 ギャングスター
(関東日曜は今月中、両軍合意で別日程・会場へ変更の場合あり)

全国軟式野球 ストロングリーグ 草野球大会関東は9月決勝!日曜「スタイガー」VS「東京バンバータ」、土曜「GT横浜ライオンズ」VS「REDHILL」

ジャパンカップへ進出するのはどのチームだ!昨年はエアロックカップ日曜大会のファイナリストであるTABOO、BIG☆Bの両チームがジャパンカップ東日本ベスト4に進出するなど、大活躍。TABOOは聖地・甲子園まで勝ち進み全国大会準優勝に輝いた。今大会の代表チームが上でも本命視されることは確実。注目の決勝戦から目が話せない。

日曜大会はスタイガー、東京バンバータというジャパンカップ経験者同士の決勝戦。スタイガーは2009年にSC特別部総合優勝チーム。東京バンバータは2010年のSS2014東日本土曜大会優勝チームで、翌年には高松宮賜杯2部全国優勝を達成した猛者だ。ここ数年、ストロングリーグタイトルから遠ざかった両チームだが、混戦のエアロックカップの勝ちっぷりから常態の良さはお墨付き。いよいよ本領発揮といったところだ。

準決勝がえげつない。スーパールーキーの大宮フェニックスと対戦したスタイガーは、遠藤投手の力投で完封勝利。ゲームは、3回表にスタイガーが中村選手のタイムリーで2点先取!続く5回にも1点追加、7回にもだめ押しで1点追加し、投げては遠藤投手の完封で締めた。

一方の東京バンバータは、前回準優勝のBIG☆Bと対戦し延長サドンデスの激闘を制した。ゲームはバンバータ亀谷投手、BIG☆B中須投手の投げ合いが続き、バンバータは7イニングでヒット0。BIG☆Bも三塁までランナーを進めるも得点には至らずサドンデスへ。先行のBIG☆Bを抑えたバンバータは一打サヨナラの場面も中須投手の前にあと一本が出ず、サドンデス2イニング目へ突入。BIG☆Bの先頭バッターを追い込んでから、エンドランが来たものの亀谷のストレートにバッターは三振。挟まれたランナーもアウトにしバンバータはピンチを凌ぐ。そして迎えたバンバータ二回目の攻撃。先頭の山崎が右中間を破るサヨナラヒットを放ちバンバータが接戦をものにした。東京バンバータが実に4年ぶりのジャパンカップ進出へ王手をかけた。

土曜大会はGT横浜ライオンズと、REDHILLの決勝戦。GT横浜ライオンズはストロングリーガーに御馴染みのG-MAXやパナソニック軟式野球部と同じJSBB神奈川県大会傘下で活躍する強豪。今季はストロングカップ、SSとあわせストロングリーグ公式戦に注力する体制にあり本腰を入れる。部員は甲子園やノンプロ経験者も揃い関東でもトップクラスの布陣。SSで不完全燃焼に終わっているだけにここはビシッと初のJC進出を決めたい。一方のREDHILLは過去に日曜大会で2度の優勝(連覇)、準優勝を経験しており、もはや一発勝負の達人。2007年にはジャパンカップ全国優勝を経験している。REDBURNING、イオギスポーツクラブといった強豪との戦いを競り勝っての決勝進出とあり、この切符は逃せない。

決勝戦は、土曜大会が9/13(土)19:00ドカベンスタジアムナイター、日曜大会が9/28(日)19:00ドカベンスタジアムナイターで予定されている(日曜大会は今月中、両軍合意で9月別日程・会場へ変更の場合あり)。

全国軟式野球 ストロングリーグ 草野球大会エアロックカップ2014
http://www.baseball.gr.jp/14ac/

[大人気]こちらの記事はフェイスブックページでも 閲覧・シェアしていただけます
 

ストロングリーグ公式フェイスブックページ ストロングリーグ公式動画 <YouTube公式パートナー動画>