全国軟式野球ストロングリーグジャパンカップ -甲子園カップ-

 

ストロングリーグ2014 / 全国軟式野球ストロングリーグ 甲子園カップ

 
 

ストロングリーグ

ストロングリーグ最新情報と野球ネタです | 全国軟式野球ストロングリーグ草野球大会
 

 

目指せ甲子園カップ!ジャパンカップ2014|全国軟式野球ストロングリーグ草野球大会 ストロングカップ2014(春)|全国軟式野球ストロングリーグ草野球大会 エアロックカップ2014|全国軟式野球ストロングリーグ草野球大会 SS2014|全国軟式野球ストロングリーグ草野球大会

 

 
ストロングニュース|全国軟式野球ストロングリーグ
 

ストロングリーグ

[SS2014東日本] GCアスレチックス優勝!3連覇達成!

2014/08/25

 

★速報[SS2014東日本] GCアスレチックス優勝(1-0)!3連覇達成!大健闘のBIG☆Bは準優勝!

★速報[SS2014東日本] GCアスレチックス優勝(1-0)!3連覇達成!大健闘のBIG☆Bは準優勝!

リーグ史に残る好ゲームが展開された。7月に開幕した真夏の選抜大会は決勝戦を向かえ流山市伝統の花火大会を背に緊迫したゲームが展開された。頂点に立ったのはGCアスレチックス(埼玉)だった。ヤンキース、YSクラブ以来となる3連覇。村田クラブ、REDSOX、BIG☆Bという優勝候補を立て続けに制し史上最多8度目の
ジャパンカップ出場を決めた。

準優勝 BIG☆B(千葉)前回、気温36度の2回戦、準決勝を連投した松本投手(アスレ)、中須投手(BIG☆B)による壮絶な投げ合い。

「1点勝負」アスレ岡野監督、BIG☆B真通監督が口を揃えた大一番。初回、1チャンスに主砲の岡田選手のライト線へのタイムリーで川島選手が1塁から一気に生還し先制したアスレが貴重な1点を守り抜いた。
投げては松本投手、兎澤投手のリレーで完封勝ち。MVPは決勝打の岡田選手(春日部共栄-日体大-ENEOS)。3連投で柱として活躍した中須投手が優秀選手に選ばれた。


全国軟式野球 ストロングリーグ 草野球大会試合内容 決勝:GCアスレ 1-0 BIG☆B
 
BIG☆B中須投手、GCアスレチックス松本投手の先発で試合開始。1回表のGCアスレの攻撃は、二死一塁から四番岡田選手がライト戦への二塁打を放ち、一塁ランナーの川島選手が長躯ホームインし1点を先制する。対するBIG☆Bも1回裏に二番福山選手がセンター前安打で出塁し、盗塁と進塁打で二死三塁のチャンスを作る。しかし、ここはアスレ松本投手が踏ん張り無得点に抑える。

4回裏のBIG☆Bは二死から四番栗選手がセカンド失策で出塁すると、五番真通選手がエンドランを決めて二死一塁三塁とチャンスを広げて六番合津選手を迎える。ここもアスレ松本選手が踏ん張り、捕手フライに打ち取ってピンチを凌ぐ。5回表のアスレは、先頭の渋谷選手がレフトオーバーの二塁打で出塁。続く安藤選手も犠打で出塁するが、一番渡辺選手が遊ゴロのダブルプレイに倒れて二死三塁となり、二番川島選手も三振に倒れて無得点。BIG☆B中須投手も踏ん張って追加点を与えない。

6回表にもアスレは一死一塁二塁のチャンスを作るも、後続が倒れて無得点。6回裏のBIG☆Bも二死から三番梅田選手にライトオーバーの二塁打が出るも、後続が倒れて無得点と両エースの投手戦が続く。そのまま最終回を迎え、アスレはリリーフに兎澤投手を投入する。兎澤徒手は二奪三振を含む完璧なリリーフで三人で抑えてゲームセット。GCアスレチックスが初回にあげた虎の子の1点を守り切っての勝利。サマーサスピション三連覇を達成する。


全国軟式野球 ストロングリーグ 草野球大会岡野勇士監督(GCアスレ)※3連覇
 
「BIG☆Bの皆様 対戦ありがとうございました。1点を争う投手戦ということで、どちらが勝ってもおかしくなかったですし、最後まで緊張感MAXの良い試合だったと思います。これからも対戦が続くと思いますが、今後とも宜しくお願い致します。」

参加チームの皆様、関係者の皆様、ありがとうございました!

全国軟式野球 ストロングリーグ 草野球大会【VTR】 アスレ・岡田選手決勝打(春日部共栄-日体大-ENEOS)


全国軟式野球 ストロングリーグ 草野球大会SS2014東日本
http://www.baseball.gr.jp/14ss/

[大人気]こちらの記事はフェイスブックページでも 閲覧・シェアしていただけます
 

ストロングリーグ公式フェイスブックページ ストロングリーグ公式動画 <YouTube公式パートナー動画>