全国軟式野球ストロングリーグジャパンカップ -甲子園カップ-

 

ストロングリーグ2014 / 全国軟式野球ストロングリーグ 甲子園カップ

 
 

ストロングリーグ

ストロングリーグ最新情報と野球ネタです | 全国軟式野球ストロングリーグ草野球大会
 

 

目指せ甲子園カップ!ジャパンカップ2014|全国軟式野球ストロングリーグ草野球大会 ストロングカップ2014(春)|全国軟式野球ストロングリーグ草野球大会 エアロックカップ2014|全国軟式野球ストロングリーグ草野球大会 SS2014|全国軟式野球ストロングリーグ草野球大会

 

 
ストロングニュース|全国軟式野球ストロングリーグ
 

ストロングリーグ

[卒業] 女子マネージャー「げんちゃん」が引退

2014/04/25

 

[卒業] 女子マネージャー「げんちゃん」が引退|チームに捧げた大学生活4年間|「ありがとう..」 / どうなる情熱チキン

全国軟式野球 ストロングリーグ 草野球大会チームに捧げた大学生活4年間|「ありがとう..」 / どうなる情熱チキン

4年間、軟式野球チーム・情熱チキン(東京都練馬区)のマネージャーを務めた「げんちゃん」こと河野マネージャーが、今春、大学卒業を機にチームを卒業。事実上、引退することが情熱チキン公式フェイスブックページの発表で明らかになった。

ラストゲームに臨んだ情熱ナインは、全身全霊のプレイでげんちゃんへの愛と感謝の想いを爆発させた。
「げんちゃんのために絶対勝とう!」「雛鳥を未来へ羽ばたかせようぜ!」

情熱チキンは、ただでさえ人数が少ない上に、長尾GM曰く、「大人しいメンバーばかり」。このことがチーム名に由来しているのだが、一方で、チーム力には定評があり、信じられないような団結力をみせる。
SC史上初の2連覇達成('04-'05)やJC東日本や東京都大会ファイナル進出など、個々のキャラクターからはとても考えられないような闘志で、参戦直後から漫画のようなミラクルを連発。「練馬の青春キッズ」と称された経緯がある。

ラストゲームを終えると、普段あれだけ大人しい情熱ナインのプレイヤー1人1人が、感情をあらわにした。
「長い間お疲れ様」「本当にありがとうな」戦場は、ただひたすら涙に包まれた。
 
「ありがとう!」
4年間、チームにすべてを捧げた少女はナイン1人1人に頭を下げて回った。げんちゃんらしかった。
 
チーム一のクールガイ・児矢野投手までもが、この日ばかりは感情を抑えることができなかった(写真)。
サイレント包み込みする大黒柱の姿は、カーネルサンダースの再来を予感させた。
 
そして― 本当の意味でのラストが訪れた。

4月23日、ラストパーティー「げんちゃんを送る会」にメンバー一同が全力疾走で駆けつけ、祝杯を挙げた。

「これからも仲間だからな」「いつでも帰って来いよ」

4年間本当にありがとう。ずっと変わらない。見守っている。
俺たちぜったいに離さないぞ、情熱の導火線。

あのチキンズがだよ・・ もう、くどいぐらいに熱かった。

だがそこには全国のベースボールチームに共通する想いがあった。

チームを支え続けてくれたマネージャーとの歩み。
シャイボーイの確かな想いは想像を絶するものだった。

今週こそボソッと言いたい。いつもありがとう。

※げんちゃんさん本当にお疲れ様でした。

※涙を拭(ぬぐ)った情熱チキンは、慌てて「新入部員」&「マネージャー」の大募集をスタートしている。

[FB]情熱チキン <募集あり>
https://www.facebook.com/QingRechikin

[大人気]こちらの記事はフェイスブックページでも 閲覧・シェアしていただけます
 

ストロングリーグ公式フェイスブックページ ストロングリーグ公式動画 <YouTube公式パートナー動画>