全国軟式野球ストロングリーグジャパンカップ -甲子園カップ-

 

ストロングリーグ2014 / 全国軟式野球ストロングリーグ 甲子園カップ

 
 

ストロングリーグ

ストロングリーグ最新情報と野球ネタです | 全国軟式野球ストロングリーグ草野球大会
 

 

目指せ甲子園カップ!ジャパンカップ2014|全国軟式野球ストロングリーグ草野球大会 ストロングカップ2014(春)|全国軟式野球ストロングリーグ草野球大会 エアロックカップ2014|全国軟式野球ストロングリーグ草野球大会 SS2014|全国軟式野球ストロングリーグ草野球大会

 

 
ストロングニュース|全国軟式野球ストロングリーグ
 

ストロングリーグ

【PF】有終の美|ドリームスターズが4年生ラストゲーム飾る

2014/3/17

 

第33回全国軟式野球交流試合ピースファイル特別試 Snugs VS ドリームスターズ

特別試合 IN ドカベンスタジアム3.16ナイトゲーム― INドカベンスタジアム(神奈川) -

この日が4年生のリーグ最終試合となるドリームスターズ(神奈川)が、特別部チャンピオンチームのSnugs(神奈川)に勝利した。
ゲームはSnugs山本投手、ドリームスターズ黒木投手の先発マウンドでプレイボール。
初回、ドリームスターズが走者をため、4番富山選手のタイムリーなどで3点を先制する。

テンポの良さが売りの両軍にしては珍しく出が悪く、初回で30分を要するゆったりスタート。
その後は両投手が徐々に本来のリズムを取り戻し、要所を締めてゼロ更新。Snugsは終盤、 磯野投手にスイッチ。

攻撃のリズムを掴み始めると、ここから2点を返し意地をみせる。
なおも最終回には、一打同点のチャンスを掴むが、あと一本が出ずゲームセット。ドリームスターズが3−2で勝利した。

チームを引っ張ってきた4年生の最終試合となったドリームスターズ。勝って有終の美を飾った。
最後の公式戦を勝利で終えた4年生たちはホッとした表情で後輩たちやサポーターの方々と握手を交わし勝利を喜び合った。高校時代、川崎北や横浜商科大で活躍したメンバー。

メンバーの中には、神奈川県予選でドカベンスタジアムが最後の夏となったプレイヤーも多く、重みのある一勝となった。

自らのタイムリーも飛び出し最終戦を飾った富山主将(4年)この試合を最後に代表を退く4年生の富山主将は、

「Snugs様と最高の舞台で記念試合をおこない本当に幸せです。メンバーにもありがとうと伝えたいです。後輩たちに託す形となりますがドリームスターズを存続させてほしい。そして自分もいつか必ず帰ってきたい。」その瞳、潤した。

この試合でサポートに回った3年生の二宮選手は、
二宮選手(3年) 新代表として期待される
「このような大切な試合を勝利で飾れて嬉しい。感謝しかないです...」
涙を流して喜んだ。

二宮選手は、まもなく正式に新代表兼主将に就任する。
道は険しいが、新チームで自分たちが甲子園へ進出し先輩たちへ報告することは使命だとも語っている。新4年生を中心とした攻めの野球で今シーズンどこまで迫れるかに注目だ。

なおドリームスターズはこの勝利により、PF(マ)王者:村田クラブへの挑戦権を獲得している。[4年生の皆様、本当にお疲れ様でした!]

一方、Snugsにとっては完全燃焼と言えるゲーム内容ではなかった。中盤以降、本来の折り合いを取り戻し怒涛の猛追も届かず。

願わくば、(互いに)もうワンイニング勝負したい面もあったが、この条件では初回の3点が意味するものは大きかった。これぞ頂上決戦の難しさ。2009年エリザベス女王杯の再現となってしまった。

とはいえ期待の若手を頭からぶつけ攻撃面でも随所にこの時期ならではの果敢なチャレンジがみられ、春のトライアルとしては充分。

両チームのSC特別部優勝争いも見物両チームはストロングカップ2013(秋)特別部で同ブロックに所属する。
ストスポを総合優勝し既に決勝トーナメント進出を決めているディフェンディング王者のSnugsと、現在首位を走るドリームスターズ。

直接対決は既に実施済(引き分け)。決勝トーナメントでみたび激突の可能性を残している。ストロングリーグのピークは年2度。互いにまずは決勝トーナメント開幕の6月頭を目処にパキッと仕上げたい。
 
なおこの試合終了後、Snugsの計らいにより両チームによる記念撮影もおこなわれた。
4年生が引退を迎えるドリームスターズに対する最大限のエールだった。まさに勝敗を越えたエンディング。
俺たちの視界は、確かに霞んだ。

だが 、ドラマはこれだけでは終わらなかった。

ドカベンスタジアムのナイター照明が消えた。
明日は月曜日。また来週元気に会おう!両チームは健闘を称え合い退散した。

さらに40分が経過した頃、後片付けを終え球場をあとにした担当球務員が800メートルほど歩みを進めたときだった。

コンビニエンスストアを通り過ぎようとした次の瞬間、駐車場に1つの輪。赤い軍団の姿。

閉門後、Snugsは場所を移し背筋を伸ばしミーティングをしていたのだ。時計の針はもう22時をさそうとしていた。
昼間ならともかく。それにまだ3月という走り出しの時期ではないか。
昨年、悲願の特別部制覇を成し遂げたSnugs。まさに栄光の影の努めである。

思えばちょうど10年前、同じようなことがあった。
日曜日の八王子市民球場ナイター。サマー2004の決勝だった。
22:00に試合が終わり、ナイター照明が落ちてから1時間、その場を離れずミーティングをおこなっていた 若き準優勝チーム。のちのGCアスレ(埼玉)である。

Snugsの雄姿に俺たちの視界は、さらに霞んだ。勇者に学んだ。
王者のプライドで野球をしているわけではない。Snugsはいつでも、チャレンジャーとしての歩みをやめない。

担当球務員が、いろいろな意味で、肉まんをあきらめ、黙ってコンビニを通り過ぎることを選択したことは言うまでもない。

さらに800メートル進んだ担当球務員が、次のコンビニでゆで卵を手に入れたことはまだ誰も知らない。

なお、1つ目のコンビニ駐車場でミーティングを続けていたSnugsは、
その後、ショップ店員様により解散を
促されたことが後日、Snugs有川竜也GMの報告により明らかになった。

マナーに定評があり、それを最も大事にしているSnugs。
他のお客様のご迷惑にならぬよう敷地の隅でとそっと小さな輪を描いたが、通用しなかった。
 


全国軟式野球 ストロングリーグ 草野球大会第35回ピースファイル -全国軟式野球交流試合-
http://www.baseball.gr.jp/peace-file/
--
全国軟式野球 ストロングリーグ 草野球大会Snugs(神奈川)
http://www.baseball.gr.jp/database/database.cgi?cmd=dp2&num=3275
--
全国軟式野球 ストロングリーグ 草野球大会ドリームスターズ(神奈川)
http://www.baseball.gr.jp/database/database.cgi?cmd=dp2&num=4019


全国軟式野球 ストロングリーグ 草野球大会関連記事
【PF】ラストマッチ!3.16 PF特別試合でドリスタ4年生9名引退ヘ
【PF】SC特別部王者:Snugs対戦相手にドリームスターズ
[注目チーム]Snugs(神奈川)

--

ドリームスターズ - Snugs 3.16ドカベンスタジアム

[大人気]こちらの記事はフェイスブックページでも 閲覧・シェアしていただます

ストロングリーグ公式フェイスブックページ ストロングリーグ公式動画 <YouTube公式パートナー動画>