全国軟式野球ストロングリーグジャパンカップ -甲子園カップ-

 

ストロングリーグ2014 / 全国軟式野球ストロングリーグ 甲子園カップ

 
 

ストロングリーグ

野球ネタとリーグからのお知らせです
 

 

目指せ甲子園カップ!ジャパンカップ2014|全国軟式野球ストロングリーグ草野球大会 ストロングカップ2014(春)|全国軟式野球ストロングリーグ草野球大会 エアロックカップ2014|全国軟式野球ストロングリーグ草野球大会 SS2014|全国軟式野球ストロングリーグ草野球大会

 

 
ストロングニュース|全国軟式野球ストロングリーグ
 

【トライアウト】3/22(土)SWBCJAPAN(クラブ軟式野球日本代表)開催へ

2014/2/13

 

【チャレンジャー募集】 3.22 SWBCJAPAN トライアウト開催!

【トライアウト】3/22(土)SWBCJAPAN(クラブ軟式野球日本代表)開催へ

SWBCJAPANチームは2/22(土)のゲームを最後にチーム編成に入ります。
 
編成.. このことは、既存メンバーに関して生活環境の変化などから継続的な参加が難しくなるプレイヤーが発生することを想定(クラブ活動の宿命)していることと、反対に代表チームには多くのプレイヤーの方々にチャレンジしていただく機会であると考えています。
 
■2014年度新規メンバー募集
 
中間、たくさんのお問い合わせをありがとうございます。オールスターにも個人のプレイヤー様の参加が多く見受けられアピールしていただきました。
 
一部仮発表の段階ですが、下記の日程で2014SWBCJAPANトライアウトを予定しております。
 
いち早く日程候補をお知らせすべくご案内させていただきます。
お問い合わせ、ご表明はメールにてお願いします。

当日の進行や選考委員として、菅野GM(AJPBC|MLBハワイウィンターベースボール日本代表事務局)、岡野勇士監督(GCアスレ|高松宮賜杯1部日本一、ジャパンカップ1部優勝、甲子園カップ全国優勝)、手塚一志PC(上達屋|アマチュアからNPBまで多くのアスリートをサポートするパフォーマンスコーディネイトの第一人者)らの参戦が予定されています。

なお正式には3月初旬までにストロングリーグ登録チームIDよりエントリーをおこなっていただきます。新たにコーチとして参加希望の方もお問い合わせください。
 
■■SWBCJAPAN2014 トライアウト開催
 
【1】3/22(土)19:00-21:00間 ドカベン
【2】3/30(日)19:00-21:00間 ドカベン <予備日>
 
※現時点で、1)で実施、2)が予備の予定です。
※会場は現在、神奈川県大和市(横浜町田IC)の引地台球場(通称:ドカベンスタジアム)予定です。
※チーム所属者は自チーム代表の許可を経て受験して下さい。
※試験を受ける際に3千円の参加費をご協力いただいております。
※募集項目は下記のポスト、ポジションです。
 └ コーチ/投手/捕手/内野手/外野手/マネージャー/他ドクターら
※一度に試験を実施する人数に限りがありますので50名様ほどで〆切る場合があります
※活動は土曜日を中心におこなっていく方針です。
※国内外のトップチームとの強化試合、本戦を実施します。
※ユニフォーム代金納入いただきます。部費は1年1万円です。
※国際試合としてSWBC U.S.A、SWBC CUBAら予定しています。
主催:SWBCJAPAN実行委員会、全国軟式野球ストロングリーグ本部
協賛 エスエスケイ、デイリースポーツ、WRESTLE-1、ナック、ナガセケンコー、アットゼロフォー、上達屋、ビ・アスリート、ストロングスポーツ

■■ SWBCJAPAN活動趣旨と参加意義

SWBCJAPAN参加意義は大きく3つあります。

【1】国際試合の経験
 
「日本の軟式野球文化を世界へ」を合言葉に、2008年、第1回SWBCJAPANを結成いたしました。選ばれし首脳陣、プレイヤーの方が代表戦士として振るい、6年目のシーズンを迎えます。1つ1つの国際交流を通じ少しでも軟式野球の楽しさと活動意義を伝えるべく、これまで台湾、韓国、米国、キューバの4カ国でSWBCチームを構成し国際試合を実施してまいりました。結成当初の国際試合は、海外チームも不慣れな軟式ボールに戸惑う姿が多く見られ、試合内容としてもSWBCJAPANチームのコールドゲームに相当するような展開が続発しました。ところが5年目の2013年には既に日本の軟式野旧チームとの交流を経て、軟式野球となじみの深いキューバチームがSWBCJAPANに勝利するという時が訪れました。本当の意味で、競技としての軟式野球で競えるところまで近づいたといって過言ではありません。
 
【2】国内トップチームとの対戦
 
SWBCJAPANチームに参加する多くのプレイヤーの楽しみと、モチベーション維持には「国内トップチームとの対戦」があります。自チームの活動ではなかなか実現しないビッグマッチを経験します。勿論本気で、代表チームとしてチーム一丸となって望みます。東京都で言えば、これまで同1部トップチームのスリーボンド高分子様、朝日信用金庫様、青梅信用金庫様らと対戦し、チームとして、またプレイヤー個々にとって大きな経験を積むことができました。
 
【3】他チーム代表選手との交流
 
SWBCJAPANでは、他の所属チームから選ばれしメンバーと、同じクラブ軟式野球日本代表ユニフォームに袖を通しプレイします。
全体練習とゲームを通じ、プレイヤーとしてもう一段レベルアップを図ります。真新しいユニフォームが初日から真っ黒になります。緊張感を持って、野球人生の中でもう一度、本気でトライすることは有意義です。各チームのエースや韋駄天、主砲が揃うため、当然、熾烈なスタメン争いも繰り広げられるのです。自身のプレイスタイルの見直しも見受けられます。クラブチームとして経験を実績を残してきた首脳陣の助言や手塚一志パフォーマンスコーディネーターらの指導は野球人生の大きなきっかけとなるでしょう。スペシャルサポーター武藤敬司氏の存在も欠かせません。
--
以上の通り、普段なしえない「国際試合」や「国内強化試合」という貴重な経験を「代表チーム」として、積めることがプレイヤーの方々にとって一番の参加意義であり収穫であろうかと存じます。


■■貴重な経験を自チームへ持ち帰り生かす 野球人生に生かす
 
SWBC実行委員会としては、この貴重な経験を各自、自チームに持ち帰って頂き、生かしていただくことが今後の軟式野球界にとっても、個々のプレイヤーの方々にとっても一番だと考えています。
持ち帰らなければ意味がないと言っても過言ではありません。いえ、その経験は生きてくるでしょう。特に首脳陣や他チームの代表選手との交流は、モチベーションアップにつながります。該当年のSWBCJAPANメンバーの所属チームの活躍に表れます。

昨シーズンですと、

・アスレチックス(ジャパンカップ1部 初優勝) *JC進出
・AJPBC (新宿区1部 初優勝)
・T-Five (エアロック 初優勝) *JC進出
・Snugs(ストロングカップ特別部 初優勝) *JC進出
・風神エアーズ(ストロングカップ1部 初優勝) *JC進出
・東京BULLS(ストロングカップ1部 初出場準優勝)
・ドナルドダック(東京審判協会杯3連覇) *JC進出
・プリンズ(第1回関東クラブ人選手権 準優勝)
etc.../敬称略

と、初優勝連発。不思議なものです。

昨年は春から雨天中止が続き序盤は充分な活動ができませんでしたが、最終的に所属メンバーのチームが大活躍されました。

SWBCJAPANに所属し自チームが活躍することは貴重です。
 
皆様のチャレンジを心よりお待ちしております。

全国軟式野球 ストロングリーグ 草野球大会3.22トライアウトお申し込みは「部室」から
http://www.baseball.gr.jp/database/database.cgi?cmd=uc

全国軟式野球 ストロングリーグ 草野球大会無所属の方は実行委員会まで
http://www.baseball.gr.jp/database/database.cgi?cmd=dp2&num=2222

<最新情報は公式サイトにて>
SWBC JAPAN 軟式野球日本代表World Baseball Challenge
http://www.baseball.gr.jp/swbc/

[大人気]こちらの記事 はフェイスブックページでもご覧になれます

ストロングリーグ公式フェイスブックページ ストロングリーグ公式動画 <YouTube公式パートナー動画>