ストロングリーグ2014 / 全国軟式野球ストロングリーグ

 
 

14年目―   全国軟式野球ストロングリーグ  2014年大会  皆様のチャレンジを心よりお待ちしております
 

 

目指せ甲子園カップ!ジャパンカップ2014|全国軟式野球ストロングリーグ草野球大会 ストロングカップ2014(春)|全国軟式野球ストロングリーグ草野球大会 エアロックカップ2014|全国軟式野球ストロングリーグ草野球大会 SS2014|全国軟式野球ストロングリーグ草野球大会

 

 
要チェックや!2014年注目チーム!
 

TIME OUT (愛知)

スーパールーキー

 

愛知県勢初の優勝へ ― 全国大会・甲子園カップを制するのは俺たちだ!

注目新人TIME OUT(愛知)を直撃!冨士代監督とナインは初出場初優勝を目標に初年度から本気モード全開だ。
「はよ愛知でやらんかい」ストロングリーグIN東海を早くから待望していた冨士代監督&TIMEOUTナインだったが、いっこうに幕を開けないため、ついに大遠征覚悟で、エアロックカップ西日本大会への参戦を決意したという流れだ。

「ぼくの言うとおり野球をしていれば勝てる」冨士代監督は言い切った。TIMEOUTの"守りの野球"を形成するにあたり注目視されるエース児島(初)は「ぼくが投げて僕が打てば勝てる」と豪語した。絶対的な自信は意欲の表れであり、自らにプレッシャーをかけ、チーム一丸で、初出場初優勝を成し遂げようとする決意表明と言っていい。今年、愛知県勢が活躍すれば東海エリア発足の夢も広がる。ストロングリーグとしても彼らの意志を受け止めたい。
  
投手も兼任する鈴木俊也内野手|TIMEOUT(愛知)全国大会甲子園カップ直結仕様となった昨年あたりから愛知県勢の活躍も目覚しい。サンワサービスチューブmJUWNESといった全国区のオープン大会覇者ばかりではない。2014年のスーパールーキーはずばりTIMEOUT(愛知)だ。これまで数々のオープン大会で全国優勝を経験。関東のヤンキース(東京)、BIG☆B(千葉)、ARUYO東海(東京)といった関東の強豪チームとも激戦を繰り広げてきた逸材で、確かな実力はすでに認知されている。「大本命」の呼び声も高く、ストロングリーグ参戦初年度にして全国制覇を成し遂げても何ら不思議ではない。

キャプテンを務める小島(学)外野手|TIMEOUT(愛知)ストロングリーグは2005年のヤンキースから昨年のGCアスレチックスまで関東勢が実に9連覇中。2004年に桜(沖縄)の全国優勝が唯一、関東以外のエリアからの優勝チームとなっており、2001年からの13年間で12度の全国制覇を関東がさらっている。「打倒関東」の思いは関西勢だけでなく、東海勢にとっても成し遂げなければならない目標だ。壁をぶち破るのはいったい誰だ。今年は北海道大会(北海道・東北大会)も予定されており真の全国チャンピオンチームを決定するにふさわしい舞台が整った。関東勢にとっても関西、東海、北海道東北といったエリアの代表チームと大舞台で真剣勝負できることは此れ以上ない願いでもある。

エース:小島(初)投手|TIMEOUT(愛知)TIME OUT(愛知)の持ち味はずばり投手陣を中心とした"守り勝つ野球"。
個性派揃いのメンバーをまとめるのは冨士代監督。「監督のいうことを聞いとけば大丈夫」ナインとの信頼関係は厚く百選連覇の経験がストロングリーグの舞台で炸裂する。
メンバー全員がキーマンではあるが、中でも注目のプレイヤーはチェックしておきたい。キャプテンとしてチームを引っ張るのは小島(学)外野手。走攻守にTIMEOUTに欠かせない主軸だ。

若手のホープは針尾佳孝投手|TIMEOUIT大会屈指の右腕として注目を集めるのがチームのエースである小島(初)投手。
伸びのある真っ直ぐと鋭利な変化球。圧巻の投球内容に負けん気の強さが持ち味。インタビューにもあるように「自分が投げて、自分が打てば大丈夫」攻めのピッチングでゼロ行進を築く。

投手陣の層は厚く若手も育っている。中でもホープは針尾佳孝投手。
「今以上に経験を積めば、 面白い存在になる」と冨士代監督の期待も大きい。ベテラン勢では、投手としても安定感のあるピッチングでチームを支える鈴木俊也内野手。それぞれ役割をまっとうしTIMEOUTの野球に徹する。

ナインは、「初年度で手探りですが、関東、関西に素晴らしいチームが揃うストロングリーグ。なんとかエアロック(関西)を優勝し、ジャパンカップの出場切符を掴みたい。」「出るからには甲子園カップまで進んで全国制覇したい」「甲子園球場で冨士代監督を胴上げしたいです」言葉少なながらも今大会にかける意気込みは満点。(๑≧౪≦) くぅ-ッ!

各エリアの代表チームの実力を認めた上で、ライバルは「サンワサービスチューブ」と同じ愛知県勢のチームを挙げた。東海勢である誇りだ。東海エリアのチームは大遠征を強いられるが、同エリア代表チームが活躍することで、IN東海の公式化は確実に近づく。

いざ出陣!TIMEOUT―
東海勢の初制覇で全国のストロングリーガーをあっと言わせてみせるか。

[公式]TIMEOUT( 愛知)
http://www.ikz.jp/hp/thjsm1972/


全国軟式野球 ストロングリーグ 草野球大会TIMEOUT( 愛知)
http://www.baseball.gr.jp/database/database.cgi?cmd=dp2&num=4102

TIMEOUT(愛知)インタビュー| 内野コーチ、冨士代監督、エース小島(初)投手

[大人気]こちらの記事 はフェイスブックページでもご覧になれます